魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

iDeCo

50代からiDeCoを始めるメリットと注意点は?

自分の備忘録として、ダイヤモンドZai On Lineの記事を残しておきます。というのも、ボクは50代、それも四捨五入で60歳、そんなところから、iDeCoを始めているんです。

ボクの場合、iDeCoは節税が主な目的。運用益のほうは、うまく乗ればいいやというぐらいの心づもりです。だから、拠出額は、SBI証券で使って年間最大の81.6万に設定しています(自営業者の場合の上限金額)。

50代から「iDeCo」を始めるメリットと注意点は?

拠出期間は10年以上のしばり

期間の合計が10年に満たなければ、60歳から「iDeCo」の運用資金の受け取りを開始することができないという制限です。加入期間と受け取り開始可能な年齢との関係をまとめると、以下のようなルールになっています。

<加入期間> <受け取り開始可能な年齢>
10年以上        60歳から
8年以上10年未満   61歳から
6年以上8年未満     62歳から
4年以上6年未満     63歳から
2年以上4年未満     64歳から
1月~2年未満      65歳から

拠出は60歳まで

ところで、「iDeCo」は60歳までしか掛金の拠出ができません。65歳以降で年金生活の本番を迎え、また70歳以降も働ける世の中に変えていこうという流れになっているのにもかかわらず、60歳で「iDeCo」の掛金の拠出がストップしてしまうのは実にもったいないことです。 こればかりは法律改正に期待するしかありませんが、現状でできることは「60歳までの拠出限度額はできるだけムダにせず、極力満額の積立を続けていく」ことになります。 

出典:ダイヤモンドZai On Lineの記事より


ボクはSBI証券でiDeCo口座を作っています。おすすめポイントは、投資信託のラインナップが最多で 口座管理料が誰でも無料ということ。投資信託のラインナップは、60本以上と群を抜く豊富さで、低コストのファンドもしっかり取り揃えています。さらに、加入時・移換時手数料は無料、手数料の観点からもお得なiDeCo金融機関です。

関連記事:

 

iDeCo丸、大海原にいざ発進!長い航海に出ます

iDeCoやっとこさ始めます。これ制度上の年金なので、国民年金基金連合会から「年金加入確認通知書」がこないと始められない。お役所ですから、これがくるのに数か月もかかりました。掛け金の引き落としは、初回だけ10月からの2か月分を払います。過去のブログで何度か書きましたが、iDeCoは絶対やったほうがいいです。拠出時、運用時、受取時と、トリプル税制メリットが受けられますから。会社員(や公務員)で企業年金制度が既にある場合には、月額上限が12000円と、ちょっと少ないですが。ボクは自営業者の枠いっぱいの月68000円の掛け金で申し込みました。年間で82万の投資になりますから、まとまった金額になります。

口座のほうはSBI証券で開いています。理由は、ファンドのラインアップが多いことと、これからはインターネット系の金融機関がなにかと便利ですから。ファンドの選択のほうは、こんなかんじです。配分が、前に言っていた比率と少し違いますが、ファンドのほうは同じものを選んでいます。ひふみ投信 は、藤野氏がファンドマネジャーなので一度投資してみたかった、あとは王道的な海外株、それと多少の楽しみで新興国株を入れてみました。
IMG_2530
正直、iDeCoは拠出時の掛け金が所得控除になるのが魅力でやります。仮に税率20%とすると、年間16万の節税になります。これに運用成果も乗れば、なおうれしいというかんじです。運用状況は、ブログで報告していきますね。

期待しています!
ひふみ投信

関連記事:

 

非課税投資口座3兄弟(NISA・つみたてNISA・iDeCo)

先日ボクもアップした非課税の投資口座ですが、最近の日経(7/22)に、わかりやすく比較解説した記事が出ていたので紹介します。
非課税投資口座
出典: 7/22 日経

簡単にいうと、ここ数年でいっぱい投資したい人はNISA、長期間コツコツやりたい人はつみたてNISA、老後資金を貯めたい人は個人型確定拠出年金(iDeCo)というかんじです。いずれも、国が制度として非課税を用意してくれたので、投資するときはうまく活用しましょう。

関連記事:



NISA、iDeCo、つみたてNISA、とりあえず30秒で理解しよう

来年1月からつみたてNISAが登場します。NISAだ、iDeCo(個人型確定拠出年金)だ、そして今度はつみたてNISAだそうです。普通の人は、チンプンカンプン。ものすごく簡単に整理するとこうなります。

・3つの制度は、どれも税金の優遇措置あり。だから、投資をやるなら使ったほうがお得。

・現行のNISAは、2023年まで(あと、6年半)の制度、年間投資枠が120万で期間5年ぐらいの投資用。

・iDeCoは、60歳にならないと引き出せないから、これは老後資金のための超長期の運用。

・つみたてNISAは、年間枠が40万しかないけど2038年までの制度だから、期間10~20年ぐらいの投資用。

(注) つみたてNISAは来年1月から、現行のNISAとは併用ができません。


続きを読む

やってない人はやったほうがいい、今年始めるべき二つのもの

それは、ふるさと納税とiDeCo(個人型確定拠出年金)です。

ふるさと納税は、かなりメジャーになりましたが、もしやっていなければ、絶対利用したほうがいいです。税理士もいつもそういっています。換金できるお礼品をゲットしてヤフオクで売るような人もいるようですが、どうせたいした金額にはなりません。ここは、もう単純に生活に必要なものをもらったり、時には高級食材をもらって家族を喜ばせてください。今は、一定条件を満たせば確定申告が不要になる制度もできたので便利になりましたよ(詳細は、さとふるのような専門サイトで確認してください)。

あと、やるべきものと言えば、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。これは、優遇税制措置が目いっぱい取られていてお得な制度になっています。具体的には、(1)掛け金が全額所得控除、(2)運用益の非課税、(3)退職所得控除か公的年金控除の対象、とタックスコストがまったくかからないような仕組みです。60歳にならないと受け取れないけど、老後の資産形成や公的年金の補完という目的で絶対にやるべし。ただ、掛け金の上限枠まで使ってやるかは、よく考えましょう。大事な資金が、超長期でロックしてしまいますから。

  • ライブドアブログ