退職してわかったのは、毎月の給料が入ってこないことが、お金の一番のストレスということ。もちろん、そうだろうなとわかってリタイヤを選んだわけですが。月末になれば、いつも銀行残高が増えている。これが30年以上続くと、もう体に沁み込んでしまった常識。これが現実として、いきなりなくなったわけです。

入ってくるお金が減ったら、出るお金も減らす、ネット・キャッシュを維持するには、これしかないだろうということで、退職後、家計の経費削減策を実施してみました。数字は、毎月の節約金額になります。
5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_t[1]
住宅ローンの繰上返済 93,889円、お恥ずかしい話、まだ結構、住宅ローンが残っています。これを一部繰上返済。金額的には一番大きいです。節約というジャンルではないかもしれませんが。年内に追加で第二次繰上返済の予定。

生命保険 5,865円、死亡保険金を減額。本当は、保険金はもうゼロでもいいかなと思っているのですが、医療保険が付帯していますので、一応キープ。毎年、少しづつ減額していこうと思っています。

新聞代(朝日)944円、朝日と日経の2誌を朝刊夕刊合わせて購読していましたが、まず朝日の夕刊をストップしました。本当は朝日は辞めたいのですが、チラシが一番入ってくるからと家族の希望で朝刊だけはキープ。
 
新聞代(日経)1,700円、日経は電子版もつけてのダブル購読だったので、紙版のほうはストップして電子版だけにしました。これで1,700円の節約。

クリーニング代 3,500円、会社に行かなくなったのでワイシャツのクリーニング代がまったくかからなくなりました。ワイシャツも20枚ぐらいあるけど、どうしましょうか。まだ捨てる勇気はないのですが。

交際費 40,000円、会社に行っていたときは、毎日の外食ランチで1000円ぐらい使っていたので、これがなくなったということで、ここに含めています。そして、飲み代もほとんどなくなりました。そんなに飲んだりするほうではないのですが、あわせて毎月これぐらいはセーブしていると推定。

月にしておよそ14万も出費が減っています。住宅ローンがほとんどですが意外と減っているのかな。

節約と言えば、この名著をお薦めします、一度は読んで損はない!