魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

収益資産への投資で早期リタイヤ中。太陽光発電・合法民泊・不動産賃貸・資産運用(投信積立・ソーシャルレンディング・仮想通貨・FX)への分散投資。好きな言葉は「お金に働いてもらう!」。

タグ:ビットコイン

タイトルは少し煽り気味につけていますが本当です。ビットフライヤー(bitFlyer)経由で、提携先のネットショップで買い物をしたりすると、ビットコインがもらえるようになっています。例えば、提携先の楽天の場合、商品価格の0.6%相当分のビットコインがもらえます。ビットコインの価値が将来何倍にもなっていればよし、なっていなくてもコストゼロでもらえるんですから、ここは一手間かけてお小遣いをしっかりと稼いでください。

仮想通貨の投資は、どれだけの数を仕込めるかが成功の秘訣なんじゃないかと思っています。つまり、これだけ値動きの激しい相場で、安く買って高く売るトレードで儲けを出すのは難易度が高いです。それよりも、ここは、ボクがいつも言っている積立投資のアプローチで、なるべく数量をゲットすることに注力すべきと思います。毎日の価格に右往左往せず、普通の生活をして、その必要な消費から、コツコツとビットコインをもらっておきましょう。チリツモですが。

今年、ボクは合法民泊のセットアップで備品類をかなり買い込んだのですが、楽天経由で買ってあげてビットコインを貯めましたよ。本当はアマゾンのほうがサイトとして好きなんですが。楽天市場以外にも、HISやじゃらん、楽天トラベル、Booking.com、Agoda、HomeAwayなどの宿泊系などもあったりしますから、海外旅行の際は、忘れずにここでお小遣いを稼いでください。

ビットコインのもらい方は簡単です。
・まずビットフライヤー(bitFlyer)のサイトにログイン。
・ビットコインをもらう!のバナーをクリック(PCの場合は左横に出てきます)。
・使いたい店舗を選んでお買い物。
bitflyer
一度、どんな店舗やサービスでビットコインがもらえるかをみておくといいです(上の画面キャプチャーはほんの一部、結構、いろいろな提携先企業があります)。それから、ビットコインをもらうには、まずはアカウントが必要ですので、まだの人はビットフライヤー(bitFlyer)での口座開設をお忘れなく。

ボクは、仮想通貨の取引所として、日系3社を分散して使っています。ビットフライヤー(bitFlyer)は、その中でも一番最初に開いた取引所です。取引量国内No.1の安心感と、東大・ゴールドマン出身者が大勢いるのも何かと信頼感ありといったところでしょうか。取引通貨の種類は限られているのですが、仮想通貨界の東西横綱、ビットコインとイーサリアムを扱っていますから、初心者やあまり深入りしない人にはこれで十分かもしれません。サイトは、取引に慣れていない人でも、とても使いやすいデザイン設計です。

bitFlyer


Bloombergの映像ニュースから、中国のビットコイン採掘場です。場所は内モンゴルの片田舎、電力が安いという理由での立地です。マイニング・プロセスは、コンピューターの処理速度と電力量(コスト)で決まるから、BITMAINのような中国系の会社が市場を主導しています。映像にも出てくるJihan Wuは、先日のビットコイン騒動の首謀者とも言われる人物で、今後もいろんなところで影響してくるんでしょう。彼は、会社のIPOとか採掘場の米国建設などの計画をぶち上げています。それから、彼の予測では、ビットコインは5年以内に100,000ドル!(=約1100万円)まで上がるとのこと!ご参考です。

本日(6/30)の日経によると、bitFlyerとCoincheckがシステムなどの問題で送金不備があった際の補償を店舗に対して行うそうです。どちらも、大手損害保険会社と連携し、利用者から正しく送金できなかった場合、一定の損害分を補償する仕組み(Coincheckの場合、1回の支払いで100万円が上限)。今回は店舗側への補償だが、どんどんこういうサービスが出てくるのはいいことです。これから仮想通貨が市民権を得ていくために、安心して使ってもらえるようなインフラ作りは大切です。

CoincheckのHP 
国内初、ビットコイン決済に係る「加盟店補償サービス」を開始

続きを読む

ブルームバーグのニュースから
ビットコインが一時17%下落、イーサ値下がり続く-26日の仮想通貨

sagatteru
出典 インベスターZ 第二巻

昨晩急落しました。でも、今朝は若干リバウンドしているようです。ビットコインの急落は、8月の分裂騒動でわかるような気がしますが、イーサのほうは連れ安でしょうか、買い時かもしれません。25日の日経によると、21日GDAX(米国の取引所)で300ドル前後で取引されていたイーサリアムが瞬間的に0.1ドルまで急落したと報道しています。原因は、大規模な売り注文をきっかけに売りが売りをよんだためだそう。こわすぎです。仮想通貨は市場規模が小さいから、ボラは超高いです。まさに、今は投機の状態。でも、ボクは仮想通貨の将来性はあると信じています。だから、投資の手法を工夫して、「投機」ではなく、「投資」で、そして、資産形成にフォーカスした参戦の仕方を考え中です。

はい、最後にディスクレーマーです。投資は自己責任でお願いしますね!

数日前の日経記事の要約をアップしておきます(ブライアン・ケリー氏、米ブライアン・ケリー・キャピタル・マネジメント創業者とダニエル・マスターズ氏、英グローバル・アドバイザーズ最高投資責任者へのインタビュー記事より)。
続きを読む

↑このページのトップヘ