魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

ソーシャルレンディング

ラッキーバンク、一夜明けてもまだ気持ちの整理がつかない

ラッキ―バンクの返済遅延については、昨日のブログに第一報をアップした通りです。ボクは遅延したファンドに、合計90万を投資しているんですが、仮に半分毀損したところで、まあ、そんなもんですよ。このぐらいのアップダウンは仮想通貨や株で慣れっこのはずなんですが、今回は、まだなんか気持ちの整理ができないかんじ。すみませんが、もう少し書いてみます。

まず、遅延発生の理由。推測の域を出ないのですが、かなりの確度で真相はこうなんでしょう。

社長の親族が経営するX社が自転車操業の資金繰りになっていた → これをラッキーバンクからのファイナンスでなんとか回していた → 金融庁による行政処分が2月に発表 → ラッキーバンクからの資金がストップ → X社スキームのファンドで今回一斉に遅延発生。

ボクのラッキーバンクへの投資金額は全部で150万、そのうち60%の90万がこのX社スキームだったようです。だったよう、という言い方しかできないところに、ソーシャルレンディングの弱みがあります。ソーシャルレンディングでは、貸し手の詳細情報が開示できないことになっているので、投資家は、投資するときに自分のお金が誰に貸されるかがわからないんです。ここに、投資家と事業者の間で、圧倒的な情報格差が生じることになり、事業者が悪質な場合、うまく利用される可能性が出てくることになります。

ラッキーバンクがそういう事業者だったかどうかは現段階ではわかりません。そこまでひどい業者ではなかったと思いたいです。しかし、X社の資金繰りの厳しさは、内部的にはどの時点で把握していたのでしょうか。おそらく、かなり前からですよね。それから、これだけ多くの案件で進行状況が遅れているというのは、どういうことなんでしょうか。本当に見込み違いということなんでしょうか。X社へのファイナンスありきで、案件が具体的に固まらないうちから、どんどん見切り発車していたのではないでしょうか。

とはいえ、ここは、すべて担保付きという保全策をうたっているラッキーバンクです。時間がかかってもいいですから、しっかりと回収額の最大化を目指してくださいね。

一応、備忘録として書いておくと、ソーシャルレンディングの全体投資額が現在1450万ぐらいですので、今回のラッキーバンク案件で全体のおよそ6%が不良債権化したことになります。

昨日も書いたのですが、ボクはソーシャルレンディングをミドルリスク・ミドルリターンの商品だと思っています。現在、このカテゴリーの商品はなかなかないのですが、ソーシャルレンディングは唯一といってもいいぐらい一般投資家が利用できるものです。しかし、こうやって事業者リスク(今回はスキームリスクといったほうがいいのでしょうか)が、露呈してしまうと、一気に、ハイリスク・ミドルリターンの商品に成り下がってしまいます。そうならないようボクも、投資資金は、小口ロットで、業者分散、業種分散、ファンド分散等々、できるだけしてきたつもりですが、事業者との情報格差がなくならない限り、どこまでいっても事業者頼みというのが現実です。そういう投資に大事なお金を預ける以上、投資の予算管理はとても重要と痛感しました。投資資金のどのくらいまでをソーシャルレンディングに回すのか。もう少しソーシャルレンディング投資を増やそうかと思っていた矢先でしたので、そういう意味では今回の事件はいいタイミングでした。もうしばらくは、新規に資金投入はしないことにするつもりです。ソーシャルレンディングは、いったん、投入するとすぐに抜けませんからね。


バイオマス発電に黄信号? ソーシャルレンディング案件に影響はないのか

ちょっと気になるニュースが、4/17の日経朝刊に。バイオマス発電に黄信号という見出しで、燃料の調達難から大半が稼働できないという見方が出ているそう。要旨はこんなかんじ。どうやら、パーム油を燃料とする発電所が問題のようだ。

・実際に稼働するバイオマス発電所は認定量の2~3割にとどまるとの試算。
・積み上がった案件の4割近くがパーム油を燃料にすることが明らかになった。
・政府は適正に生産されたパーム油のみを燃料として認める方針。
・国際認証を取得したパーム油の流通量は、現在、世界で年間1200万トン。
・日本で認定を受けた発電所がすべて稼働すれば。この過半を燃料に使うことになる。
・これは現実的でないし、欧州や米国ではパーム油での発電を認めていない
・そもそも、国内資源の有効利用から始まったのが再生エネのバイオマス発電。
・それが皮肉なことに、海外で環境負荷をかける事態になっている。


1000x-1[1]

ボクが気になったのは、自分が、クラウドバンクとグリーンインフラレンディングで、数件のバイオマス案件に投資をしているから。金額は、30~40万程度。ボクは太陽光発電ほど、このバイオマス発電は詳しくないのだが、念の為、どんなふうに案件説明がされていたのかみてみた。グリーンインフラのほうは、燃料はバイオマスペレットと書いてあり、パーム油という記載はなかった。それから、クラウドバンクのほうは、バイオマス発電に使われる一般的な燃料一覧というような書き方で、その案件がパーム油を使う予定の発電所かどうかはわからなかった。

ということで、現段階では、投資上、問題になるのか明らかでないのですが、一応、潜在的な問題として、レーダーをはっておく必要があると感じた次第です。


既に昨年の11月にもBloomberg Newsで出ていたんだね。
環境に優しいはずが-パーム油発電事業の矛盾、再エネ推進の課題に


昨日のカブ発電所 4/17 発電量 229kWh(売電金額 6,880円)
三重第一発電所 65kWh(1,692円)
三重第二発電所 53kWh(1,368円)
千葉発電所 111kwh(3,820円)


ソーシャルレンディング、4月は返済が集中、ポチポチ再投資しました

ボクはソーシャルレンディング投資で案件の償還月までは管理していません。そのせいなのか、たまたまなのか、4月は償還が集中していて、各社、資金が預託金口座に結構戻ってきていました。ソーシャルレンディングというのは、基本、金利と同様、数%の利回りを取る投資ですので、資金が遊んでしまうアイドルタイムは避け、分配金の再投資による複利効果も意識しながら、お金にいつも働いてきてもらう感覚がとても大切です。

img_mainvisual3[1]

4月前半の返済額(償還金・分配金)は各社これぐらいでした。

マネオ 42万(→全額再投資へ)
LCレンディング 67万(→全額再投資へ)
クラウドバンク 37万(→全額再投資へ)
ラッキーバンク 32万(→預託サービスの廃止に伴い4/13に返還予定)


ということで、早速、順番にポチポチ、お金くんに働きにいってもらいましたよ。ボクのマイルールは一案件10万、そして案件の種類はなるべく分散させること。しかし、今週、まさかのインフル罹患で、まだ本調子ではありません、頭がまだフラフラします。案件選びは、正直かなりラフでした(笑)。まあ、LC、マネオ、クラウドバンク、このあたりなら、業者リスクも低いでしょうというかんじ。それから、ラッキーバンクですが、預託金制度が4/16付けで廃止だそうで案内メールがきていました(なので現在の預託金残高は4/13付で返還)。いろいろあったラッキーバンクですが、これも内部管理の徹底という施策の一つなんでしょうね。ということで、ラッキーバンクは新規案件も止まっていることもあり、いったん待機資金は全額回収となります。

各社、再投資しながら感じたのですが、クラウドバンク はなかなか使いやすいですね。まず、他社が1万円単位でしか投資できないなか、クラウドバンクは1000円単位で投資可能。戻ってきたお金は、ほぼ全部きれいに再投資できます。それから、いつもいいぐあいに応募中の案件が用意されています。利回りもまずまず、期間もそれほど長くない。ただ、再生エネルギー関係が多いので、担保価値はちょっと弱いかな。


ソーシャルレンディングは、現在1447万。たまには、詳細をアップしておきましょうね。ここ数か月、追加の資金投入はしていません。これまで入れた資金を回しているだけです。ソーシャルレンディング予算は1500万だったので、しばらくはこれぐらいでやっていきます。

maneo(マネオ) 426万
クラウドクレジット  50万
OwnersBook  80万
SBIソーシャルレンディング 75万
ガイアファンディング 61万
LCレンディング 183万
トラストレンディング 41万
ラッキーバンク 184万
クラウドバンク  92万
グリーンインフラ 73万
キャッシュフローファイナンス 100万
クラウドリース 20万
LENDEX  20万
その他 40万
合計 1,447万


昨日のカブ発電所 4/7 発電量 691kWh(売電金額 19,013円) 
三重第一発電所 290kWh(7,534円)
三重第二発電所 273kWh(7,078円)
千葉発電所 127kwh(4,401円)




あれっ、トラストレンディングの高速道路案件に投資できちゃった、なんか変調?

前回あえなくクリック合戦に敗れたトラストレンディングの高速道路案件。今回は、東京外かく環状道路、気合を入れて臨んだのだが、拍子抜けするほど簡単に投資できちゃった。30分たってもまだ応募は30%台。なんだか変調?まさか、ラッキーバンクの影響(証券取引等監視委員会の勧告)?投資家がソーシャルレンディングに及び腰になっているのかと、ちょっと心配。それとも、平日の夜に2案件同時だったからかな。これまでの東名高速の案件は、瞬間蒸発していたのにどういうわけか、これはスロースタート。まあ、応募枠はいずれうまるとは思いますが、どうしたのでしょうね。

ということで、今回は、同時募集のエーアイトラストとの共同融資120号案件にも、合わせて20万出資し、ボクのトラストレンディングの総出資額は60万となりました。

IMG_2780

関連記事:


【続報】クラウドバンク、ドキッとしたけど大丈夫そう、あんまり驚かさないでね!

2/3のブログ記事(クラウドバンク一部案件に関する出資金の償還遅延)の続報です。

結果は、大丈夫でした。

出資払戻金は、2/22をもって全額戻ってきていることを確認しました。運用期間延長による利息の分配もあり、まあ結果オーライ。

登記手続きの遅れが原因という説明でした。素直に読めば、事務手続きの問題で、ビジネス上の何かシリアスな事由ではなかったわけですが、ちょっとドキッとしましたね。最近は、ラッキーバンクの件(証券取引等監視委員会の勧告)もあり、このソーシャルレンディング業界もいろいろ出てきました。新しい業界だけに、成長痛はまだまだあると思いますが、投資家保護のプラットフォーム作りに向け、進んでいってもらいたいですね。


関連記事:
 


クラウドバンク、ボクの投資額は現在、約90万、1万円から投資が可能
  • ライブドアブログ