魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

収益資産への投資で早期リタイヤ中。太陽光発電・合法民泊・不動産賃貸・資産運用(投信積立・ソーシャルレンディング・仮想通貨・FX)への分散投資。好きな言葉は「お金に働いてもらう!」。

カテゴリ:投資信託 > さわかみファンド

毎度で恐縮ですが、またまた積立の話をします。積立の元祖、さわかみ投信から送られてきたパンフレット「はじめよう積立投資!」からです。
金融商品が値下がりすると、元に戻るまでは損をしていると思いがちですが、実は価格が下がっていくことをそれほど心配しなくてもよい投資方法が積立投資です。
sawakami
今はもう、さわかみ投信の残高はほとんどないのですが、毎月積立を10年以上やっていました。一時は残高も1000万を超え、益も350万ぐらい出させてもらいました。投資記録によると、2005年から始め、アベノミクスで日本株が上がった2015年あたりでほとんど売りに出しました。ボクにとっては、積立のチカラを実体験した思い出のファンドです。創業者の澤上氏の運用哲学に深く感銘したものです。以前のブログでも紹介しましたが、もう一度、創業時の言葉を引用します。

皆さまの大切な財産を大きく育てるべく、長期運用の航海にご一緒いただくのが「さわかみファンド」丸です。日々の出来事に一喜一憂したり、目先の成績にこだわる方は、船の進行を妨げるだけでなく、他の乗客にも迷惑となります。世の中いろいろなことが起こりますが、一緒にBon Voyage! いい航海をいたしましょう。

投資で儲けを出すためには、よく、安く買って高く売るだけなんていいますが、これが実は一番難しいのです。いわゆるこのトレードという手法はゼロサム世界です。株だったら、これを生業としているプロがマーケットにうじゃうじゃひしめいています。ここに素人がおずおずと入っていっても勝てるわけがありません。このトレード手法で勝つためには、運動神経と似た動物的な市場感覚と強いメンタルが必要です。

ボクは市場感覚もなくメンタルも強くないのでトレードはやりません。しかし、こんな弱い人でも勝てる手法が積立と信じています。これが言い過ぎなら、負けにくい手法と言っておきましょうか。ここでは時間を味方につけて最後に勝ちにいきます。時間はかかりますが、その間、ドキドキ神経をすり減らし毎日価格をチェックする必要もありませんから。

関連記事:


さわかみファンドのHPに、積立ての説明があったので紹介しておきますね。積立てでいいのは、相場が下がったときです。それだけ安い価格でより多くの口数を仕込めます。これがすごい精神安定剤になります。そして、相場が上がってきたときには、損益改善がターボ加速していきます。続きを読む

さわかみファンドの回し者ではありませんが、長期運用の投資哲学を実際に学んだのは、このファンドのお蔭でした。そして、澤上氏はカリスマで教祖様、投資している人はその信者、そんな宗教のような関係だったと思います。
続きを読む

今はほとんど残高はないのですが、さわかみファンドは10年以上、毎月積み立てをやってきました。一時は残高が1000万を超え、益も350万ぐらい出させてもらった思い出のファンドです。記録を見ると2005年に積立てを始め、アベノミクスで日本株が上がった2015年あたりでかなりの部分を売っています。
続きを読む

↑このページのトップヘ