魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

太陽光発電

ほれぼれするほど、きれいなピークカットが出たよ!

三重発電所ですが、長い時間ピークカットするようになりました。ここはパネルが過積載なので、天気がいい日は、楽々とピークカットしますね。昨日のグラフはこんなかんじ(第二発電所、時間別の発電量)。

IMG_3075

9時半から2時半まで、棒グラフの上が切り取られ、まったいらになっていますよね。これがピークカットされている証拠。発電量が時速25.9kWhになると、それ以上出ないような設計(認定条件)になっています。

クルマに例えると、スピードリミッターが効いて、アクセル踏んでも、もうスピードが上がらない状態。

野球に例えると、ドーム球場で大きなフライが天井にあたってホームラン認定になった状態、ちょっと違うか(笑)。

いずれにしても、発電量が設計上限値まで届いたので、システム的に頭打ちにしたということです。

一方、千葉発電所のほうは、グラフは載せていませんが、まだピークカットは出ていないようです、ということは、まだ伸びしろがあり、日射量があがれば発電量もあがるということ。これからが楽しみです。


昨日のカブ発電所 4/13 発電量 1,220kWh(売電金額 34,638円)
三重第一発電所 439kWh(11,373円)
三重第二発電所 429kWh(11,119円)
千葉発電所 352kwh(12,146円)


当ブログでは、太陽光発電の物件検索サイトとして、メガ発とタイナビをおすすめしています。どちらも、業者を選別して物件掲載をしています。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

太陽光発電事業者の倒産が過去最高に!

ここ数年は過去最高を更新中だと思いますので、ニュースとして、それほど新味はないでしょうが。

なぜ?太陽光発電事業者の倒産が過去最高に

太陽光発電事業者の倒産が、2017年度は史上最多を記録したそう。既に2017年(1~12月ベース)で過去最高というニュースが出ていましたね。そのときも、ブログで取り上げさせてもらいましたが、やはり業者リスクというのが、太陽光発電投資では、一番こわいものかもしれません。そのときの記事です。


太陽光発電投資でおそらく最大のリスクが、この業者リスクです。先週、優良業者の見分け方について、記事をアップしたので参考にしてみてください。一番こわいのが、工事が完了する前に業者がいなくなってしまうこと、最悪は持ち逃げです。どのビジネスでも同じですが、こういうのは危ないサインですから注意しましょうね。

・工事が始まっていない段階で、割合の高い頭金を催促する
・現地案内をしなかったり、お願いしてもいやがる
・経産省IDをみせてくれない
・他社よりやけに高い利回り物件
・しつこい営業

・スゴイ儲かる的な過激なセールストークなど

倒産件数は2015年から増えています。FITブームで安易に参入したところや無理な拡大をしたところは、既に淘汰されているでしょうが、あと数年は注意したほうがいいと思います。

1/9の記事にも書いていますので参考にしてみてくださいね。 


少なくとも業者は、メガ発やタイナビに物件掲載しているところを使うのが安全です。 
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

昨日のカブ発電所 4/12 発電量 964kWh(売電金額 27,190円)
三重第一発電所 355kWh(9,205円)
三重第二発電所 353kWh(9,154円)
千葉発電所 256kwh(8,831円)



副業が解禁された新生銀行の皆様へ、太陽光発電はいかがでしょう!?

時代はここまできました。あの保守的な銀行業界もついに副業解禁!。メガバンクはさすがにまだでしょうが、いずれ大量解雇時代を迎え、横並びで解禁になるのでしょうか。

日本経済新聞
新生銀、兼業・副業を解禁 大手銀初「多様な働き方」促す

contents_iconL_fb[1]

まずは、新生銀行の皆様、おめでとうございます。とはいっても、月曜から金曜まで時間をガッチリ拘束されている銀行業界ですから、何かやるとしても週末ですか。でも、週末ぐらいは、もっと楽しい遊びや趣味の時間に使いましょうよ。

そこで、おススメなのが、太陽光発電事業です。

不労所得の王様!と呼ばれているぐらいですから、とにかく手間いらずで、基本ほったらかし。忙しい銀行員の皆様には、ぴったりなんですよ。そして、何よりトラブルやリスクには意識が高い方々と推察しますので、その点でも最適かと存じます。売電の相手方は、大手電力会社で倒産リスクはゼロと言っていいでしょう。買取価格も、20年間の固定で国の保証付きです。投資資金の借り入れだって、銀行員の皆様ならまったく問題ないでしょう。あとは、どうやって物件探しをするかだけですね。でも、心配ご無用、ボクがお手伝いします。その代わり、ボクに太陽光発電の融資をつけてくれますか、なんてね。すみません、もちろん冗談です。でも、もう一基ほしいなあ。

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは登録して情報収集しましょう。販売業者からの営業はありませんので、ご安心を。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

昨日の発電状況 4/2 発電量 955kWh(売電金額 27,307円)
三重第一発電所 333Wh(8,625円)
三重第二発電所 325kWh(8,424円)
千葉発電所 297kwh(10,258円)

速報!太陽光売電実績3月 三重発電所はもうハイシーズン並み!

仮想通貨がお通夜モードのなか、太陽光発電は早くもハイシーズンモード突入。太陽光発電の3月速報です。

三重第一発電所(パネル70.4kW、パワコン49.5kW、買取価格24円)
発電量 9,477kWh
売電金額 245,643円
シュミレーション比 119%(年累計でも119%)

三重第二発電所(パネル70.4kW、パワコン49.5kW、買取価格24円)
発電量 9,068kWh
売電金額 235,042円
シュミレーション比 114%(年累計でも114%)

千葉発電所(パネル64.0kW、パワコン49.5kW、買取価格32円)
発電量 7,230kWh
売電金額 249,858円
シュミレーション比 103%(年累計では105%)

三重発電所は先月に続き、シュミレーション比で大幅の上振れ。今年は好調ですね。昨年は、夏から秋にかけて減速しましたから、このへんで先行しておいてもらいたいな。千葉発電所は、ほぼシュミレーション通り。3月後半は相当天気続きだったので、シュミレーション値は相当越えたと思っていました。エコめがねの表示のほう大丈夫かなあ。連系後、不具合があったので、まだちょっと自信ないです。東電からの売電記録も、あとでよくチェックしてみることにします。 

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは登録して情報収集しましょう。販売業者からの営業はありませんので、ご安心を。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

メガ発のコラムもよろしく!投資家の投資家による投資家のためのコラムです

今年から縁あって、メガ発のコラム欄で記事を書かせてもらっています。だいたい月に2本のペース。太陽光発電の物件サイトですので、投資を検討中の方や、これから購入予定の方に役立つ内容と情報を心掛けて配信していくつもりです。 

top[1]

ボクのこれまでの記事一覧です。よかったら、本ブログとあわせて、読んでみてくださいね!

1/30/2018
はじめに自己紹介を兼ねて3基も購入してしまった経緯をお話します!

2/9/2018
太陽光発電は、不労所得の王様です!

2/23/2018
太陽光発電はタリフ、だからボクは投資を決めた!でもタリフって何ですか?

3/12/2018
やってみてわかった!金融相場と連動しない太陽光発電は本当に頼りになるやつだ!

3/23/2018
やってみてわかった!サラリーマンの皆様にこそ、太陽光発電をやってもらいたい5つの理由

コラムニストの皆さんは、実際に投資されている方ばかりですので、体験に基づいた生きた情報です。太陽光発電は、基本、誰がやってもほぼ同じ結果が出るという再現性の高い投資なんですが、やはり独自のリスクや運営ノウハウも多少はあります。運営日記風に売電記録や発生したアクシデントなどが綴られていたり、自分で開発されている方のプロセスなども掲載されていて、投資家の生の声が聞ける場となっています。

昨日のボクの発電所たち 3/30 発電量 1,208kWh(売電金額 34,325円)
三重第一発電所 436Wh(11,305円)
三重第二発電所 423kWh(10,951円)
千葉発電所 349kwh(12,069円)

投資型分譲案件なら「メガ発」、業界最大級の案件数!

  • ライブドアブログ