魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

その他

東日本大震災7周年、黙祷を捧げます

あの大震災から7年もの月日が経ちました。早いものです。犠牲になられた多くの御霊に追悼の念を捧げたいと思います。

ボクの祖父母の町が東北地方の海側エリアで被災地となりました。震災から1か月たった4月、ガソリンの補給がまだ難しい時期でしたが、ボクは車で現地入りしました。そこで見た風景は今でも忘れられません。海から町に伸びる1本の道、その両脇に広がる一面の水田地帯には、おびただしい瓦礫とともに流されてきたクルマが何台もひっくり返っていました。それは子供の時から見慣れた、あの懐かしく美しい風景とは似ても似つかぬ悲惨なもので、自分にとってはこれが初めての喪失体験だったと思います。無論、その地に暮らされ、犠牲者も身近におられた方々のショックはボクの比ではなかったはずですが。

そして昨日、町のイチゴの生産量が震災前の9割まで戻ってきたニュースをうれしく、そして誇らしく読みました。町の人口が津波災害で3割も減ったところです。皆様の7年間の努力はさぞかし大変だったことでしょう。本当に頭が下がる思いです。

月次報告 - 2018年2月 あまりみたくない結果に、そんなときもあるのが資産運用

2月の結果報告。ひどいですね。

キャッシュフロー
・2か月連続のマイナスで2月は86万なり。
・太陽光発電は、若干上振れ、まあ予定通り。
・旅館業(合法民泊)は、閑散期とはいえ、惨憺たる結果にひどく落胆。
・ソーシャルレンディングの月次収益は、巡航速度に入ってきたか。

運用資産残高
・運用資産残高は約5200万。
・前月比で350万のマイナス。株の暴落に円高とダブルでやられました。
・われながらリスク資産の偏重にいやになりますね。
・仮想通貨には、ビットコインFXの35万が新規追加されています。
・ビットコインFXは2月からスタート。いずれブログで紹介します。


IMG_2814

表の見方
・表は、「不労所得キャッシュフロ―」と「運用資産残高」に分けています。
・不労所得キャッシュフロ―は月次CF、運用資産残高は月末のものです。
・運用資産には、投資不動産は含めず金融系商品のみリストしています。 

関連記事:

最近のよろしくないことリスト、マイペースが大事と言い聞かせる

去年は投資に関してはいい年で何をやっても儲かった相場だった。今年もこれが年央ぐらいまで続くだろうなんてぼんやり思っていましたが、始まってみると、仮想通貨に続き、株も暴落、それに予想外のネガティブ・インシデントが目白押し。ということで、ボクにとっての、ここまでのアンラッキーな出来事リストです。

コインチェックNEM流出事件(1/26)

NEMの保有は約5万円、CCアカウントは全部で140万円(事件発覚当時)。NEMは88円換算で日本円になって戻ってくるそう。現在、NEMは40円あたりなので、この点はラッキーなんでしょうか。残りの保有通貨はどうなるのか、取引は再開されるのか、会社は大丈夫なのか、いろいろ不安要素はありますが、ボクは基本楽観しています。
当時のブログ記事:

仮想通貨、下落トレンド止まらず

これが目下の心配事。仮想通貨が将来どうなるのか、正直わかりません。でも、ここ1~2年でなくなるようなことはないだろうし、いずれまた盛り上がるとみています。なので、毎月Zaifでひたすら自動積立(10万円)を継続中。絶好の仕込み時期になっているはず。

米国株・日本株の暴落(2/6)

アメリカの長期金利の上昇を警戒し、ダウ平均・日経平均ともに暴落。だれもが、いつかはくるだろうと思っていた調整、でも時期はサプライズだった。ボクも外国株や日本株、まあまあ各種持っているので、時価残高は結構下がったはず。2月末の残高報告でレポートしますね。

クラウドバンク、一部ファンドの運用期間の延長を発表(1/31)

太陽光発電の一連の案件で、1か月の償還遅延が発生。ボクの場合、4件40万が引っ掛かりました。でも、昨日のブログで報告したように、出資金は全額、無事に戻ってきました。
当時のブログ記事:

ラッキーバンク、証券取引等監視委員会(SESC)からの行政処分勧告を発表(2/20)


これは驚きました。ボクはラッキーバンクに約180万投資しています。SESCの勧告内容を読むと、ちょっとヤバそうな印象を受けたのですが、発表前日の2/19に、ラッキーバンクは通常通り案件募集をしていますので、この時間軸を見る限りシリアスなものではないと勝手に思いました。SESCの検査自体は相当前に入っていたようですから、指摘事項の伝達は内部的にはとうに終わっていたはずです。その状況下で、案件を継続募集していたというわけですから、ビジネスの根幹を揺るがすような問題ではなかったと勝手に考えています。

あわてない、あわてない!
imagesS5R7PEGS

月次報告 - 2018年1月 波乱の幕開け!でも今年はこれから、ゆっくりいきましょう

1月の結果報告です。月次キャッシュフローは93万、運用資産残高は約5500万です。太陽光発電は三重が好調、千葉のほうは積雪の影響を受け前月比では若干のマイナス。旅館業(合法民泊)は1か月遅れの入金なので、この数字は12月の実績です。紅葉のハイシーズンを過ぎたので数字は落ちてきました。春まで閑散期ですので、数か月は低迷する見込み。
IMG_2735

表の見方
・表は、「不労所得キャッシュフロ―」と「運用資産残高」に分けています。
・不労所得キャッシュフロ―は月次CF、運用資産残高は月末のものです。
・運用資産には、投資不動産は含めず金融系商品のみリストしています。

今月のコメント

キャッシュフロー
・千葉発電所は概算ベース。エコめがね(遠隔監視装置)がまだおかしい。
・合法民泊は12月の実績。計画より相当低いレベル。
・SL分配利益は5万円台に上がってきた。
・FXスワップは順調に増加。こちらは月3万を目標。

運用資産残高 

・仮想通貨は大暴落。45万緊急投入してこの結果。やはり100万以上は凹んだ。
・コインチェックの残高、約140万を含んでいます。
・海外株式は全般に時価上昇し、仮想通貨の凹みをカバー。
・特に、新興国株が結構上げてくれた。
・iDeCo残高13万は、海外株式に含めています(次回から別ラインに)。
・ソーシャルレンディングは、SBIの元利金戻りのため、残高は若干マイナス。
・ウェルスナビ(WealthNavi)は相変わらず順調。
・プラチナの価格が上がってきているようですね。

以上です。

腰痛歴30年、一度は使ってみたかったアーロンチェアを買っちゃいました!

じゃーん、これです。値段は15万!
_SY550_[1]
基本、ボクは物欲があまりないというか、モノにはお金を使わないタイプ。一応、これでもポパイ世代だから、ブランドなんかは一応知っていますよ、でも興味はない(ポパイといっても今の若い人は知らないな、70~80年代の雑誌です)。今では、洋服は全身ユニクロ、愛車はスバルのサンバー、食事はなか卯の牛丼で十分、そんな人間です。

でも、最近めずらしく、こだわって買った高額商品!があります。それがこのデスクチェアです。昔から慢性の腰痛持ち、そして最近は前立腺肥大でお尻のあたりの不快感がひどい。そして退職してからは、パソコンの前に座ることが多くなり、ここだけはケチるのをやめようと、憧れだったハーマンミラーのアーロンチェアを買いました。今まで使っていたデスクチェアは、ニトリで買ったやつで、肘掛けなんかはもう取れちゃって、それでも10年ぐらい我慢したかな。しかし、クッションがヘタってお尻がすぐに痛くなっていました。

さて、有名なアーロンチェアですが、そんなの知らないという人のためにうんちくを少し。

・世界で最も快適なワーキングチェアとして有名。
・米国ハーマンミラー社が1995年より販売開始。
・現在、ニューヨーク近代美術館の永久展示品にも選定されている。
・座り心地を重視したエルゴノミクスデザイン。
・どんな体型にもフィットする柔軟な調整機能。
・独自の骨盤サポートシステム(
ポスチャーフィット)が腰痛に効く。
・IT系企業家やデザイナーといった業界人もお気に入りのステータスシンボル。
・保証期間はなんと12年。

参考:ウィキペディア

で、肝心の座り心地ですが、今のところ大満足です。まず、苦痛だったお尻のうっ血がなくなりました。座る部分が弾力性のアミアミ(ペリクルというらしい)になっていて、着座したときに、しっかりした弾力性を感じる一方で体重の分散がうまくバランスしているかんじ。それと、スポンジのようなクッションではないので、通気性があって蒸れなくていい。それから、背もたれの下にあるポスチャーフィット(背筋をS字カーブにする骨盤部分のサポートシステム
、これが腰を支え背中をスッとまっすぐに座らせてくれて気持ちいいんです。なので、腰の負担も相当和らいでいるはず。いや本当、デスクチェアは、個人投資家の大事な商売道具ですよ。だから、今期の経費にします(笑)。

尊敬する田渕義雄(作家)もこう言っています。

多くの人は、就寝時間と同じかそれ以上、椅子に腰掛けて暮らしている。我々は、一生の間でどれほどの時間を椅子と共に暮らすことになるんだろうか?そうであれば、椅子のランニングコストは極めて低廉なものだ。昨日まで畳で暮らしていた我々は、椅子の価値に対して無頓着でありがちだ。腰痛に悩んでいる人は、先ずもって自分の椅子を見直してみるべきである。
  • ライブドアブログ