魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

仮想通貨

仮想通貨 CC事件を受け、各社、顧客資産保護対応に走る!

コインチェック事件後、ボクの使っているbitFlyerZaifから、「セキュリティ体制の徹底」メールがきました。投資家がこれだけ不安になっていますので、まあ当然の対応ではあります。簡単に内容を紹介してみますね。

bitFlyer

セキュリティ・ファースト主義(発表は1/30)

コールドウォレットやマルチシグの徹底という技術的な保全対策からはじまり、世界標準の内部統制、資本力、各種保険、社内組織、研修体制、株主構成、そしてオフィスは六本木ミッドタウン(笑)と、必要事項は漏らさず、隙がない優等生的答案です。うちは、ぽっとこの業界に入ってきた他社さんと違って、業界のリーディングカンパニーでマネジメントは金融出身ですから、というかんじですか。イヤミに聞こえたかもしれませんが、ボクはどちらかと言えば好きです。やっぱり一定の安心感はあります。

Zaif

セキュリティ対策室の設置(発表は2/1)

朝山社長が自ら室長として、陣頭指揮を執るセキュリティ対策室を設置したそうです。こちらも、まずは技術的な保全体制の話からはじまり、特徴としては、セキュリティの監査体制の強化をうたっています。外部の人間に、内部のセキュリティ体制をみてもらうそうです。もちろん、実際にどこまでやるのかわかりませんし、そもそも仮想通貨のセキュリティについて監査ができる人材が現状いるのかとも思いますが、こういう監視体制はやはり枠組みとしては大切ですね。

まとめると、両社とも、顧客資産の保全と顧客保護第一主義を表明し、投資家の不安を軽減したいと一生懸命です。まずは、このようなアナウンスがスピーディに出たことを素直に評価したいと思っています。そして、各社とも、それらセキュリティ対策をしっかりと実施して、状況を随時アップデートしてもらいたいものです。CC事件はたしかに悲報でしたが、これを機に、投資家が安心して取引できる仕組み作りへのきっかけになれば、それはそれで意味があったと言えるでしょう。どんな業界だって、不祥事や事件は起こりますし、そういうものによって、内部統制は改善され強化されていくという歴史ですから。

参考:ボクの使っている仮想通貨取引所。国内の3つに分散しています。数字は1月末の残高。

bitFlyer 169万(通貨は、BTC・ETH・BCH)
Zaif 148万(BTC・ETH・NEMの自動積立が中心)
CoinCheck 139万(現在、口座凍結中)

赤面!ハードウォレットは通貨の保管ではなく鍵の保管をする場所だった

いや、恥ずかしい。今日、初めてわかったことがあります。

ハードウォレットというのは、仮想通貨そのものを保管するのではなく、仮想通貨の秘密鍵(暗号鍵)を保管するツールだった。
trezor-pin1[1]
ボクは、もうUSBのイメージしかなくて、仮想通貨がハードウォレットに移動されてきて、ここで保管される小型金庫のようなものと思っていましたよ。ということは、セキュリティ上は、秘密鍵の管理のほうが重要ということなんですね。そして、この秘密鍵をだれが持っているか(または知っているか)で仮想通貨の存在証明ができるようになる。まあ、現状ではハードウォレットがいずれにせよ、仮想通貨の管理上、必要になるというのには変わりはないんですが。

それから、ハードウォレットは紛失したり故障したりしても、リカバリーフレーズ(暗証番号の長いようなものと推測)というものがあれば、新しいハードウォレットを調達してきて、同じ鍵として使えるようになるんだそうです。だから、このリカバリーフレーズの保管が、これまたものすごく大事で、これは貸金庫のように自宅とは別の場所で管理したほうがいいそう。うーん、そこまで必要か。でも、こういう情報を家族にいわないで、ある日いきなり交通事故で死んだら、もう終わりですね。

これでまた一つ仮想通貨の理解が深まりました。コインチェック事件の副産物です。人間は経験でしか成長できない。だから、成長するために、まずは体験し、そして間違って、汗と恥をかきながら、修正していきましょう。。そう思っています。

ハードウォレットの理解が、まだ、まちがっていたらどうぞご指摘ください!

ハードウォレットですが、ボクはTrezorを使う予定です。昨年に買って開封もせず置きっぱなしにしていたものです。その他にはLedger Nanoという製品があります。悩ましいことに、どちらも全通貨には対応していません。なので、とても心配な人は両方買うしかないかもしれません。数万円の出費にはなります。Ledger Nanoは注文が殺到し、今から注文しても春ごろのようなので、ボクはTrezor1本でいきます。どちらかというとTrezorのほうが使いやすいという評判ですし、主要通貨を含んでカバーしているようです(BTC, BCH, DASH, LTC, ZEC, EHC, ETC)。それから、ボクが積立をしているZaifで、両方の製品紹介と販売リンクがはってありますので参考にしてみてください(Zaifのトップページの一番下のInformation)。

コインチェック事件から考えた、ハードウォレットが必要な仮想通貨って本当に普及するようになるのか?

コインチェック事件からの素朴な疑問です。ボクは比較的早く投資を始めたほうだと思いますが、先行の投資家からは、こんなことを教えられました。

・取引所は仮想通貨を置くところじゃないからね。
・オンライン保管は、どこまでいってもハッカーリスクから逃げれないよ。
・だから、オフライン保管、つまりハードウォレットじゃないとダメ。
ハードウォレットに移すときはアドレスに注意。間違えると戻ってこない。
ハードウォレットの暗証番号は紛失しないよう。なくしたら取り出せないよ。
・だから
暗証番号は、USBや紙に書いて最低2か所に分散して保管するんだよ。

いやー、超面倒!と思いながらも、仮想通貨は非中央集権的な概念と思想から生まれた次世代コイン、だから、誰も管理してくれない、つまり自分で管理するものなんだ、と頭では無理やり理解したものの、体がついていかず(笑)ハードウォレットは使ってきませんでした。


今回、コインチェックが盗まれたNEMの補償を発表し、まさかのキャッシュ払いとそれを決めたスピードにだれもが驚いたわけですが、興味深かったのが投資家たちの反応でした。

前から投資をやっていた、いわゆるアーリーアダプター層は、CCの発表に対し、神対応!スゴイ!と絶賛。一方、最近参入してきたマジョリティ(それでもまだ先進的なマス層)は、当然でしょ、約束していた保全対策もやっていなかったんだし、なんでいきなり強制損切り食らうんだと不満。

ボクはどうだったかというと、自分がハードウォレットを使ってなかったことを後悔して半ば諦めていたので、その意味で神対応と思いましたね。アーリーアダプター層は、自分たちがパイオニアとして、未開の地に道を切り開き、震えるほどのリスクを取って投資をしてきたという自負があるはず。なので、丸腰で仮想通貨投資に入ってきてCC事件に巻き込まれたのは、自己責任じゃないかということでしょうね。よくわかります。

でも、最近ボクは、
ハードウォレットがなければ保管できない通貨って本当に一般大衆に普及するようになるのかと思うようになりました。もし、このままであれば、一部のマニアのものか、それこそ投機対象にしか過ぎないものかもしれません。

今後は、取引所がオフライン管理を徹底してくれて、われわれが安心して預けられる日がくるのかもしれませんが、まだ先でしょう、いや、そもそも、そういうものじゃないという声もやっぱり聞こえてきます。何が言いたいかというと、保管や管理がハードウォレットでしかできない状態だと、これが実用の大きなネックになるなと、今更ながら思ったということです。普通の人が安心して便利に使える通貨になるには、まだまだハードルがあります。

CC事件後は、マーケットも静かになってきましたね。しばらくはこんなかんじでしょうか。さすがに年初早々、冷や水を何度もぶっかけられましたからね。でも、仮想通貨のことを考えるいい機会ですよ。マーケットがまた動意づくまで、ボクは
Zaifの自動積立を淡々とやっていくことにします。

関連記事:

仮想通貨の確定申告、お悩み解決サービス登場(昨日の日経記事より)

既にもう何社も名乗り出ている仮想通貨取引の確定申告支援サービス。昨日の日経朝刊記事(1/26)に載っていた会社を紹介しますね。
確定申告の悩みを解決するサービスも登場した。仮想通貨取引支援のエアリアル・パートナーズが開発したソフトウェア。取り込んだデータから損益を自動計算し、今月5000人の申込みが殺到した。「真面目に納税する人の手間を軽くしたい」。同社の岡田佳祐(29)はいう」。
IMG_2662
あと、同じ記事のなかで、おもしろかったのは以下。

「仮想通貨から生まれる税収入は数千億円」。ビットフライヤー取締役の金光碧(35)は予想する。手ぐすね引く国税庁は職員自ら売買して課税の予行演習を繰り返す。バブルの受け止め方は人それぞれだが、一番得をしたのは国であるのは間違いない。

あまり突っ込んでもいけないが、国税局の職員さんスゴイです。自分のポケットマネーでやるのか。まさか、コインチェックは使ってなかったよね。損してないかも、ちょっと心配です。

それから、この会社はZaifのテックビューロとも、最近、業務提供をしましたね。ボクもZaifでは積立を続けていきますが、申告関係が心配な人には何かと心強いですね。

コインチェック事件、まずは反省文から。

年初早々大変な事件が起こってしまいましたね。コインチェックでの約600億円相当のNEMの不正流出。まずは、備忘録として自分のポジションを書いておきます。

・CC口座残高は合計で約140万円(1/26 事件発覚時の時価)。
・問題のNEMは550XEMを保有(約5万円)。
・現金部分は約20万。
・ハードウォッレットは使っていなかった(全額CC口座にそのまま預け中)。
・CC以外の取引所はbifFlyerとZaif、仮想通貨資産は国内三取引所に分散。

一番後悔しているのは、ハードウォレットを使っていなかったことですね。Trezorは去年の6月に買っていたのですが、面倒で使っていなかった。アドレス間違えてセルフGOXするリスクがあるし、全部の通貨に対応していないからと自己弁護しながらダラダラ先延ばし。最近もある投資家と、セキュリティ対策どうしてます?と話をしたばかり。お互い、ハードウォレットは面倒ですよね、もう少し残高が増えたらやりますか、なんていう会話で安心していたところ。取引所リスクやハッキングリスクについても、過去のブログ(6/22)で偉そうに書いていますね。


仮想通貨の口座は、ウォッレットと呼ばれる財布で管理します。ウォッレットは2種類あって、ネットワークに接続されているのがホットウォッレットで、ネットワークから隔離されているのがコールドウォッレット。ホットウォッレットは、オンラインだからどこまでいってもハッカーにやられるリスクがあります。だから、最終的にはなるべくオフラインにして、データを保管するしかありません(イメージはUSBや外付けのHDD)。こちらのオフラインのほうが、コールドウォッレットです。取引所自体も、自分たちのコールドウォッレットでの保管率の高さを競っているようで、ビットフライヤーが80%以上、コインチェックでは97%をコールドウォッレットに保管しているそうです。

しかし、口座残高が大きくなってきたら、個人もこのコールドウォッレットを持つのが最終の自己防衛策です(ということで、ボクも最近、Trezorという製品を購入しました)。ここに、自分の仮想通貨データを入れて自分で管理します。仮想通貨といっても、結局は、こういうハード的な機器で管理しなければならないのはおもしろいところですね。

あらためて読んでみて、びっくりしたのはこの段階で、CCは100%近くのコールドウォレット保管をうたっていたんですね(現在も、この記載が残っているのか調べていませんが)。昨晩の会見では、NEMは実際はホットウォレットだったと言っていましたが、まあ、このへんの内部統制なんか、外からは実態わかりませんからね。

さあ、これからどうなるのか。ボクとして、損害がNEMホルダーに限定されるのか、その他通貨ホルダーにも及ぶのかが気になるところですが、いずれにしても100%は戻ってこないと覚悟しています。ただ、今回ハッキングされたNEMはCCの預かり資産全体の10%以下でしょう(CCは全13種類のコインを扱っていて、BTCやEHTのほうがNEMより残高は大きいはず)。CCの財務状況はわかりませんが、参加者全員で損失を被ることになっても、ボクの場合、8割ぐらいはもどってくるのではと楽観しています。そういう意味では、しばらく引き出しもできず、時間の拘束が一番痛いです。でも、どうせ短期売買するつもりはなかったので、はからずも、強制長期保有となり、その間に時価が上昇して、これはこれでいい結果になればなあと考えています。有名なGOX事件の場合、裁判をしている間に会社が持っていたビットコインが数百倍に高騰、結局、当時の投資家残高は全額戻ってきたとか、笑い話のようなことを聞いたことがあります。

今年の仮想通貨は、ボクはZaifの自動積立をメインでやっていきます。おそらく今回の事件で仮想通貨マーケットも一時の熱狂は去り、少しは静かになることでしょう。積立にとっては、しっかり着々と仕込める時期がきたということです。また、そのほうが業界発展としても絶対いいはずです。今までスピード出し過ぎでしたからね。その間に、仮想通貨・ブロックチェーン関連の技術の進化と実用面での開発が進んでくれればと思っています。そして、そういったものが仮想通貨の価値に反映するようになればいいですね。

  • ライブドアブログ