魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

仮想通貨

コインチェック買収は10億円を捨てた男の第二創業になる!?

アマゾンでこんな本を見つけました。



古い本です。マネックスを立上げてまだ間もないころですね。さすがに、写真を見るとまだ若く、ボクもとても懐かしい。本の紹介文です。

金融界で注目のマネックス証券CEO松本大による書下ろしの1冊。タイトルは、著者がかつて同社の立ち上げのために、株式上場を半年後に控えたゴールドマン・サックスの共同経営者の座を自ら辞し、数十億円といわれる上場プレミアム報酬を捨てることになった一件を指したものだ。

「インセイン(正気じゃない!)」と同僚に言われながらも著者が決断したのは、「クレディビリティ(信義、信頼、信用)」のためだったという。当時からオンライン証券会社設立を決意しており、もしそのままお金のために会社に残って不本意な仕事を続けたとして、「そんなことをしている人間が、果たして金融人としてのクレディビリティを維持できるのか、人がついて来てくれるのか」と考えたという。このエピソードから著者は、ビジネス社会で生きていくためにはクレディビリティが何より大切なこと、今日やることを明日やっても価値は割り引かれること、「時間軸」や「時価会計」の発想で行動すべきことなどを説いている。莫大な報酬を自ら断っているだけに説得力は抜群だ。


そうだ、当時ゴールドマンは上場計画を発表していて、パートナーであれば10億は知らんけど、億単位ぐらいではもらえたんだろうね。松本氏もそのままGSに居残ればそのパターンだった。業界を知らない人は、どうしてそんなに大金をもらえるのかと思うかもしれない。しかし、GSのパートナーになるというのはメチャクチャ大変なことだった。アングロサクソン系カルチャーのなか、世界の優秀なやつらと英語で戦って結果と数字を出し、外人たちからサポートをもらわないと昇進できない。GSのパートナーというのは、外資金融界では勲章、それもピカピカの金バッジでした。平社員クラスですら、GSをクビになってからも、何かとGS出身とアピールする人は業界にはいまだに多いよ。まあ、それだけGSはブランド力があるわけですね。

昔、マネックスにいた内藤 忍氏も、最近こんな感慨にふけっています。
マネックスのコインチェック買収で思い出した「情景」


ボクも、CC社買収には同じく期待しています。これが松本氏にとっての第二創業にならんことを。

昨日のカブ発電所 4/10 発電量 1,151kWh(売電金額 32,803円) 
三重第一発電所 419kWh(10,849円)
三重第二発電所 386kWh(9,999円)
千葉発電所 346kwh(11,955円)

マネックス 松本氏は語る、仮想通貨は大変重要な資産クラス(CC社買収共同記者会見より)

マネックス・CC社の共同記者会見をYouTubeでみました。マネックスの松本氏、さすがに安定感ありましたね。ちょっと横文字系ワードが多かったですが、それも金融のプロらしくてよかった(笑)。

nt_180126coincheck01[1]

驚いたのは、松本氏自身も3年前からCCで口座開いて取引をしていたとか。そして、仮想通貨マイニング用の自作PCを作るため、秋葉原でパーツを買い求めていたことも語っていた。いや、相当、仮想通貨に入れ込んでいたんですね。まあ、36億も出して買収するぐらいですから当然ではありますが、現職の証券会社CEOでそこまでやるというのは、さすがに好奇心旺盛で、そして、こういうかたは、やはり、お金の嗅覚が鋭い。

会見中、何度も語っていたのが「仮想通貨は新しい金融資産で、既に重要な資産クラスレベルまで成長した」(ゴールドの時価総額800兆円の約5%だそう)。昨年、伝統的金融商品セクターで大きな過熱が見られなかったのは、仮想通貨市場のガス抜き効果という見立て。コインチェックのIPOも視野に入れていると語ってくれた。

まとめると、

仮想通貨ビジネスがここまで成長したのは、間違いなく、IT系出身者たちのお蔭。しかし、顧客からお金を預かり、新しい金融ビジネスの体をなした現在では、どうしても金融のプロが入らないと、たちいかなくなった。内部管理体制の構築や金融庁とのコミュニケーションなどなど。そういう意味で、今回のマネックスの買収は、仮想通貨業界にとって大きな前進です。ボクが口座を持っている他業者をみると、金融出身者が多いbitFlyerはまだ安心感はあるけど、Zaifはどうでしょう。個人的には、もう少し経験者をスカウトするなり金融の血を入れたほうがいいと思っています。

Bloombergより
マネックスG、コインチェックを36億円で完全子会社化


関連記事(4/4 投稿記事):
マネックスがコインチェックを買収!?

昨日のカブ発電所 4/6 発電量 517kWh(売電金額 15,306円) 
三重第一発電所 142kWh(3,677円)
三重第二発電所 153kWh(3,967円)
千葉発電所 222kwh(7,662円)


ひふみの藤野氏と人気ブロガーの投資座談会、仮想通貨についても語ってくれました!

SBI証券主催の座談会です。ひふみの藤野社長とニッセイアセット、げんせん投信の伊藤琢さんが、投資ブロガーと対談する企画でした。やはり、ここは藤野氏が何を語ったのか気になりますね。

「ひふみ」藤野氏と「げんせん投信」伊藤氏に人気ブロガーがズバリ切り込む!

興味深いのは、ひふみがみている米国株セクターや、将来的には中国株も視野に入れたいあたりでしょうか。個人的には、ひふみは日本株オンリーでいってもらいたかったけど、さすがにこの大きさになると海外株も入れないと回せないのかもしれませんね。

それから、ちょっと驚きましたが、藤野氏、仮想通貨に投資されているんだそう。こんなふうに語っています。

ビットコインは礼賛派か、超否定派に分かれているのですが、僕にとってはどちらかというと興味・観察の対象というのが一番近いかなと思っています。楽しげに見ている感じですね

だからビットコインが悪だとかはまったく思っていないし、逆に投資をして儲けようとも思っていないです。

じゃあ、まったく持っていないのかというと、少し持っているけど、どっちかっていうと持ってみている、というところがあります

別にゼロになってもいいやと思っているので、暴落しても下がっているかみたいな、そんな感じです。

世の中が変化するときにこういうものが出てくるし、それが最終的にどうなるかは、後でしか分からない。仮想通貨についてはそのように思っています。

ただ、仮想通貨を支える仕組みとか、ブロックチェーンの技術とかはこれから絶対伸びてくると思います。

出典:SBI証券

本格的投資というよりも、興味があるので観察対象としての保有と説明されていますが、このレベルのかたで、ご自身で仮想通貨にも投資するというのは、やはり好奇心旺盛なかたなんだとお見受けしました。

ボクは、SBI証券のiDeCo枠でひふみに投資していますが、ひふみは直販もしています。販売コストだけを考えたら、直販で投資するのもありですね。


ひふみ投信

たまには仮想通貨のこともアップしましょうね、今なにやっているの?

つい数か月前のお祭り騒ぎがウソのように静かになった仮想通貨界隈。最近では、金融庁の交換業者7社への一斉行政処分。そして、コインチェックは取引再開やNEMの補償をするも2度目のイエローカード。世界では、Binanceのフィッシング騒動やら、中国は取引所へのアクセス禁止とか。まあまあ、これでもかというぐらいネガティブニュースが流れてきます。そして、これに追い打ちをかけるかのように、マウントゴックスの破産財団が、債権者への配当原資のために保有通貨を相当売っているんだそう。

46db185cc40fb86ade9207c023dd5116_t[1]

で、ボクは今、何をしているかというと、相も変わらず、Zaifで積立です。毎月10万、BTCに5万、ETHに3万、NEMに2万です。NEMなんかはCoinCheckの流出事件で惨憺たる状態ですが、そのまま積み立て続行中です。それから、去年なんだかんだで買った、その他のポジションも、そのままホールドです。ブログで何度か言っていますが、正直、仮想通貨って将来どうなるのかわかりません。でも、今すぐには消えたりしないだろうとみています。少なくともビットコイン(BTC)やイーサリウム(ETH)あたりは。ということで、またどこかで盛り上がることを期待して、淡々と仕込んでいます。自信ですか、あまりありません(笑)。だから、全力買いはせず、あくまで遊びの範囲です。

ボクの投資スタイルは、この積立も含め、やはり逆張り手法なんですよね。下げたときに買いにいく(積立の場合も下がった時により多くの口数を買うことになる)。でも、いつも底では買えないので含み損が出る。だから、勝つためには、この含み損に耐えないといけないわけです。結局、この場合、儲けって我慢料なんですよ。含み損にどこまで耐えるかで、将来の果実の大きさが決まる、そんなふうに思っています。

関連記事:
仮想通貨マーケットが一面の焼け野原に、積立で再出発しませんか

昨日のカブ発電所 3/13 発電量 1,090kWh(売電金額 31,008円)

三重第一発電所 395kWh(10,238円)
三重第二発電所 376kWh(9,745円)
千葉発電所 319kwh(11,025円)
連日の1000kWh越えで絶好調!

NEMが無事にJPY生還しました! CoinCheckからのお知らせ

昨晩10時過ぎに、NEMが無事に円転して帰ってきていました。

xem_jpy売却完了のお知らせ

日時 : 2018-03-12 22:08:46 +0900
数量 : 550.0
価格 : 48701.95
JPY レート : 88.549 XEM/JPY 


ボクの場合、NEMのポジションはほとんどなく、あまり気にはしていませんでしたが、まずはよかったです。
交換レートは、88円ですので、結果として、現在の時価の2倍で買い取ってくれたことになります。

このニュースを受け、さすがにNEM(XEM)も昨日から上がっていますね。昨年の熱狂がうそのように静かになっている仮想通貨界隈ですが、盛り上がりに向け、何かきっかけがほしいです。でも、あと数か月は、こんな状態かなあ。

IMG_2873

関連記事:
コインチェック事件、まずは反省文から。

昨日のカブ発電所 3/12 発電量 1,146kWh(売電金額 32,753円)
三重第一発電所 400kWh(10,368円)
三重第二発電所 394kWh(10,212円)
千葉発電所 352kwh(12,173円)


  • ライブドアブログ