魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

プロテクトライン型

あんしんスイッチは運用も超安全運転のファンドです

三井住友で販売しているアムンディのあんしんスイッチですが、相変わらず流入のほうは好調のようですね。ここ一か月の行内販売額ランキングでは、トップがこのあんしんスイッチ(プロテクト&スイッチファンド)で、3位が似たような商品で去年先行販売しているダブルスイッチ。ともにファンドの残高は1000億を超えたようです。

さて、あんしんスイッチですが、設定から2か月を過ぎ、資産の組み入れもほぼ終わったはず。今週、銀行でもらってきた資料によると(データは8月中旬のもの)、株式が11%、債券35%、残りは、全部、短期金融資産と、かなりの保守的な資産配分をとっています。地域別では、日本・欧州・米国がほとんど。相当な安全運転をしていますね。これで基準価額も設定来10000円前後に張り付いている理由がわかりました(9/21現在の基準価額は10011円)。運用会社にしてみれば、プロテクトライン(下値)にヒットして早期償還になることだけは運営上、避けたいですから、当然といえば当然ですね。参考情報ですが、アムンディは同じコンセプトのファンドをフランス本国で出していますが、その本国でも、まだプロテクトラインにヒットしたことはないそうです。

年率リターンはおそらく数%と思われます。信託報酬(コスト)で必ず1.4%とられますから、銀行預金よりはいいかなというレベルかもしれません。下値が保証*されているので(現在は9000円)、投資初心者には安心なファンドに間違いありませんが、ボクには、これでは物足りないのでやりませんね。

* 下値を保証というのは、損をしないということではありません。基準価額がある一定以上、下がったら、それ以上は下がらないよう、そこでファンドが強制償還するような仕組みになっています(そのプロテクトラインが現在のところは9000円という意味です)。
あんしんスイッチ

関連記事:

あんしんスイッチ、アムンディの新ファンドが売れている

今まで書いた記事のなかで、一番人気があるのが、6/18のアムンディの元本防衛型投信についてです。2か月以上前にアップしたものですが、今でもときどき読んでくれる人がいるようで少しづつアクセスが増えています。現在、ファンドの残高は875億円、最近の新規設定投信では相当売れたファンドです。下値が保証*されているので(現在は9000円)、投資初心者には安心設計のファンドだと思います。それから、販売手数料も三井住友は無料にしているようです。基準価額のほうは10000円前後をうろうろ、昨日現在で9987円です。でも、発売されてまだ2か月ですから、気にする必要はないです。



* 下値を保証というのは、くどいようですが、損をしないということではありません。基準価額がある一定以上、下がったら、それ以上は下がらないよう、そこでファンドが強制償還するような仕組みになっています(そのプロテクトラインが現在のところは9000円という意味です)。

日本初登場のプロテクトラインがついた投資信託が売れている

8月7日の日経に三井住友銀行が一面広告を出していました。久々にヒットしたファンドです。
あんしんスイッチ

「選ばれて7月度、国内投資信託 資金流入額 No.1」

だそうです。

8/3で残高が648億(基準価格 10002円)で、昨日が673億(基準価格 10003円)ですから、まだお金は入ってきているようです。何回か書きましたが、このファンドは下値が保証されているから、投信初心者や大きな損をしたくないという人にはおすすめだと思います。他社も同じようなファンドで追随してくるかもしれません。

関連記事:


日本初登場!の元本防衛型投信のその後

7月に発売されたアムンディのプロテクト&スウィッチファンド。その後どんなかんじか調べてみました(データはすべて8月3日付、実際の運用開始は7月28日から)。

基準価額: 10002円
資産残高: 648億円
現在のプロテクトライン:9000円
次のスウィッチ:10600円

IPOで約650億円集まったようですから、ファンドビジネスとしてはまずは成功ですね。個人的には、もう少しいくのかと思っていましたが、新規のファンドも売れない時代になりました。今回あらためてファンドのコストをみてみましたが、信託報酬は1.13%(内訳は、委託会社0.45%、販社0.65%、受託0.03%、すべて税抜き)です。これに、このファンド特有の元本保証料が0.22%かかります。保証料は、アムンディ本体に払うようですから、運用会社には総額0.67%取られることになります。安くはないけど、自動ロスカットをしてくれるファンドだから、これぐらいならまずまずでしょうか。現在は9000円が下限ですが、今後、基準価額が10600円にヒットすれば、ファンドは10000円を下回らないよう、そこで強制的に繰上償還するようになります。だから、10600円になるのを待って投資すれば、最悪5.7%の負けでロスストップになります(例えば、106万投資したら100万以下になることはない、ファンド関連コストは無視)。初めて投資する人にとっては、下限の保証がついているのはとっても安心。このファンドはやはりマーケティングの勝利ですね。

関連記事:


日本初登場!プロテクトラインがついた個人向け投信

先週アップした元本防衛型投信の続報です。ファンドの愛称は、「安心スイッチ」(SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド、2017年7月3日(月)より取扱開始)。
続きを読む
  • ライブドアブログ