驚きました。あのお堅い金融庁のHPに、こんなものがありましたよ。4/21のつみたてNISAフェスティバルの資料のひとつ。色使いもカラフルでとても金融庁が用意したものとは思えない。

初めての投資!おススメの一冊ベスト10

個人投資家の投票によるランキング。もちろん、つみたてNISAのマーケティング目的で用意したものですから、それなりのポジションとメッセージが込められたものですね。でも、いいじゃないですか。金融庁のつみたてNISAにかける本気度が伝わってきます。ちょっと著者が偏っているような気がしますが、気にしない気にしない(笑)。GW中の読書にどうでしょう。ランキング順位はこんなかんじ。

1. 「お金は寝かせて増やしなさい」 水瀬ケンイチ
2. 「敗者のゲーム」 チャールズ・エリス
3. 「ウォール街のランダムウォーカー」 バートン・マルキール
4. 「投資家が「お金」よりも大切にしていること」 藤野英人
5. 「全面改訂 ほったらかし投資術」 山崎元、水瀬ケンイチ
5. 「難しいことは分かりませんが、 お金の増やし方を教えてください! 」山崎元、大橋弘祐
5. 「臆病な人でもうまくいく投資法」 竹川 美奈子
8. 「毎月5万円で7000万円つくる積立投資術」 カン・チュンド
8. 「全面改訂 超簡単 お金の運用術」 山崎元
8. 「図解 山崎元のお金に強くなる!」 山崎元




ボクのおススメは、2位にランキング入りした「敗者のゲーム」。以前、ブログでも紹介しましたね。この本に寄せられたコメントです。
日本人の資産運用に対する常識である「タイミ ング投資」を否定し、長期投資の方が遥かに優 れていて選択した方が良いことが納得出来る本。 

古典だが、今でも普遍の真理として色あせない 内容。つみたて投資を進める際に心の拠り所と なる一冊。

『ウォール街のランダム・ウォーカー』と並ぶ インデックス投資論の名著だが、個人的な好み と、理論と実戦のバランスという観点から本書 の方を推す。マルキールの本が歴史研究的であ るのに対し、エリスはどこまでも実際の運用業界の人間としての視点があり、その上でテクノ ロジーが高度化した現代の株式市場を「敗者の ゲーム(ミスしないプレーヤーが勝つゲー ム)」と看破したところに意義がある。 

資産運用のバイブル的存在の本です。メチャおもしろいかというとそれほどでもないですが、じっくり考えながら読む本です。本棚に飾るとカッコいい(笑)。

ブログ記事(7/5/2017):
資産運用のバイブル「敗者のゲーム」チャールズ・エリス著


昨日のカブ発電所 4/28 発電量 1,267kWh(売電金額 36,003円)
三重第一発電所 456kWh(11,821円)
三重第二発電所 445kWh(11,534円)
千葉発電所 366kwh(12,648円)