タイナビ発電所から、おもしろそうな企画がスタートしました。メディオテックがプロの視点から太陽光発電投資についての本音を語ってくれます(登録会員にメールを定期的に配信)。もちろん、販売業者ですので、それなりのポジショントークとなるのは仕方ないところですが、第1回の配信を読む限り、結構踏み込んで役に立つ内容でした。個人的には、ボクは以前、物件探しでメディオテックにお世話になりました。1基目の購入を検討していたときでしたので3年ぐらい前でしょうか。結局、メディオテックからは購入はしなかったのですが、担当の人が親切でとてもいい人だった。クルマで何か所も物件案内をしてもらったことを思い出します。
D-8Mg5rS_400x400[1]
さて、第1回のテーマは『太陽光投資を始めるにあたっての物件の選び方』でした。 

要約すると、第一に日照、そしてパネルメーカーにはこだわる必要はない、の2点でしょうか。以下、要旨です。

・物件選びで大事なのは、なんといっても日照、そしてポイントは木です。
・ポイントとしては、真西と真東に茂ってる木や高い建物がないかどうか。
・山を気にする人が多いのですが、山はそれほど気にする必要はありません。
・山が近くにあるかないかは日照にはあまり関係ありません。
・ある程度大きなパネルメーカーであれば、基本的に発電量の差はありません。
・ただ、融資が通る、通らないはパネルメーカーによって変わってきます。
・融資を検討されている方は、最低限融資が通るパネルでないとダメです。
・セルは、どこのメーカーもほぼ100%中国で作っています。
・発電量が10%違う、といったようなことは基本的にあり得ません。
・パワコンも、各社それほど差はないと思っています。
・トラブルが起きたときにすぐにきてくれるメーカーかどうかが最も重要。


パネルは以前、投資家の方はメーカーを気にされていましたが(ボクもそうでした)、今や生産に関しては中国の一人勝ちで、工業技術的にも、もうコモディティですから、性能的な差はほとんどないでしょう。三重の2基は、ちょっとこだわってソーラーフロンティアに指定して作ってもらったのですが、今なら安い中国メーカーにするかもしれませんね。


昨日のカブ発電所 4/24 発電量 308kWh(売電金額 9,424円)
三重第一発電所 75kWh(1,940円)
三重第二発電所 63kWh(1,627円)
千葉発電所 170kwh(5,857円)


物件探しはまずは登録から。こちらから連絡をしなければ業者からのアプローチはありません。