最近、噴火のニュースが多い気がしますね。

Yahoo!ニュース
湯釜付近で火山性地震増加 噴火警戒レベル2(火口周辺規制)引上げ(4/22)


Shirane-PN1-2[1]
出典:日経ニュース

でも、地震国・火山国である日本は、これぐらいの活動はいつもどこかであるんでしょうね。それと、自分が太陽光発電所を持っているから、普通の人より気になるのかも。いずれにしても、噴火は津波と並んで、太陽光発電の2大自然災害リスク。保険が効かないから。だから、発電所の場所選びのときは、噴火と津波のリスクだけは、いつも気にしておいてください。

ボクは東京近郊に住んでいますが、このへんでは富士山の噴火が一番怖いですね。なので、以前、富士山に近い案件は購入を見送ったのを覚えています。どこまで気にするかは人それぞれですが、自分のルールは、そういう可能性のある山から少なくとも数十キロは離れたところにしています。一基、2000~3000万の買い物ですから、それぐらいの慎重さは必要のはず。


昨日のカブ発電所 4/22 発電量 1,193kWh(売電金額 34,024円)
三重第一発電所 423kWh(10,958円)
三重第二発電所 408kWh(10,566円)
千葉発電所 362kwh(12,500円)

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは無料会員登録から。 
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所