ここ数年は過去最高を更新中だと思いますので、ニュースとして、それほど新味はないでしょうが。

なぜ?太陽光発電事業者の倒産が過去最高に

太陽光発電事業者の倒産が、2017年度は史上最多を記録したそう。既に2017年(1~12月ベース)で過去最高というニュースが出ていましたね。そのときも、ブログで取り上げさせてもらいましたが、やはり業者リスクというのが、太陽光発電投資では、一番こわいものかもしれません。そのときの記事です。


太陽光発電投資でおそらく最大のリスクが、この業者リスクです。先週、優良業者の見分け方について、記事をアップしたので参考にしてみてください。一番こわいのが、工事が完了する前に業者がいなくなってしまうこと、最悪は持ち逃げです。どのビジネスでも同じですが、こういうのは危ないサインですから注意しましょうね。

・工事が始まっていない段階で、割合の高い頭金を催促する
・現地案内をしなかったり、お願いしてもいやがる
・経産省IDをみせてくれない
・他社よりやけに高い利回り物件
・しつこい営業

・スゴイ儲かる的な過激なセールストークなど

倒産件数は2015年から増えています。FITブームで安易に参入したところや無理な拡大をしたところは、既に淘汰されているでしょうが、あと数年は注意したほうがいいと思います。

1/9の記事にも書いていますので参考にしてみてくださいね。 


少なくとも業者は、メガ発やタイナビに物件掲載しているところを使うのが安全です。 
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

昨日のカブ発電所 4/12 発電量 964kWh(売電金額 27,190円)
三重第一発電所 355kWh(9,205円)
三重第二発電所 353kWh(9,154円)
千葉発電所 256kwh(8,831円)