ボクはソーシャルレンディング投資で案件の償還月までは管理していません。そのせいなのか、たまたまなのか、4月は償還が集中していて、各社、資金が預託金口座に結構戻ってきていました。ソーシャルレンディングというのは、基本、金利と同様、数%の利回りを取る投資ですので、資金が遊んでしまうアイドルタイムは避け、分配金の再投資による複利効果も意識しながら、お金にいつも働いてきてもらう感覚がとても大切です。

img_mainvisual3[1]

4月前半の返済額(償還金・分配金)は各社これぐらいでした。

マネオ 42万(→全額再投資へ)
LCレンディング 67万(→全額再投資へ)
クラウドバンク 37万(→全額再投資へ)
ラッキーバンク 32万(→預託サービスの廃止に伴い4/13に返還予定)


ということで、早速、順番にポチポチ、お金くんに働きにいってもらいましたよ。ボクのマイルールは一案件10万、そして案件の種類はなるべく分散させること。しかし、今週、まさかのインフル罹患で、まだ本調子ではありません、頭がまだフラフラします。案件選びは、正直かなりラフでした(笑)。まあ、LC、マネオ、クラウドバンク、このあたりなら、業者リスクも低いでしょうというかんじ。それから、ラッキーバンクですが、預託金制度が4/16付けで廃止だそうで案内メールがきていました(なので現在の預託金残高は4/13付で返還)。いろいろあったラッキーバンクですが、これも内部管理の徹底という施策の一つなんでしょうね。ということで、ラッキーバンクは新規案件も止まっていることもあり、いったん待機資金は全額回収となります。

各社、再投資しながら感じたのですが、クラウドバンク はなかなか使いやすいですね。まず、他社が1万円単位でしか投資できないなか、クラウドバンクは1000円単位で投資可能。戻ってきたお金は、ほぼ全部きれいに再投資できます。それから、いつもいいぐあいに応募中の案件が用意されています。利回りもまずまず、期間もそれほど長くない。ただ、再生エネルギー関係が多いので、担保価値はちょっと弱いかな。


ソーシャルレンディングは、現在1447万。たまには、詳細をアップしておきましょうね。ここ数か月、追加の資金投入はしていません。これまで入れた資金を回しているだけです。ソーシャルレンディング予算は1500万だったので、しばらくはこれぐらいでやっていきます。

maneo(マネオ) 426万
クラウドクレジット  50万
OwnersBook  80万
SBIソーシャルレンディング 75万
ガイアファンディング 61万
LCレンディング 183万
トラストレンディング 41万
ラッキーバンク 184万
クラウドバンク  92万
グリーンインフラ 73万
キャッシュフローファイナンス 100万
クラウドリース 20万
LENDEX  20万
その他 40万
合計 1,447万


昨日のカブ発電所 4/7 発電量 691kWh(売電金額 19,013円) 
三重第一発電所 290kWh(7,534円)
三重第二発電所 273kWh(7,078円)
千葉発電所 127kwh(4,401円)