仮想通貨界にとって大きなニュースが飛び込んできた。

コインチェック支援要請 マネックスが買収案提示: 日本経済新聞


jW1owyRF_400x400[1]

で、昨日は仮想通貨も久々の全面高!といっても、まだまだ氷河期にかわりはないが。両社とも正式発表はまだありませんが、今朝の日経一面に出ているところもみても、まず間違いないんでしょう。

マネックスの松本大氏は、われら昭和の外資業界ではスーパースター。若いころはとびきりの秀才だった。

開成中、開成高から、東大法学部。卒業後は、当時超一流だった投資銀行のソロモン・ブラザーズへ。その後、ゴールドマン・サックスに転身し、たしか30歳で最年少パートナーに昇進した。そして、このピカピカレコードはあっさり捨てて起業。マネックス証券の設立です。

絵に描いたような超秀才。でも権威には寄り添わない。リスクを取ってチャレンジする。なかなか、この組み合わせの人材は少ないですよ。ちなみに、奥様はキャスターの大江麻理子氏、うーん、ここもすごいな。

ボクとしては、まず、彼のような人が仮想通貨業者を買収してくれたというのがうれしいな。仮想通貨は、オールドエコノミー経済界やエスタブリッシュメント層からは、バカ呼ばわりされキワモノ扱いを受けてきた。それを彼が評価してくれた。まあ、ビジネス的には、コインチェックの顧客口座が欲しかったのかもしれませんが。

そういえば、松本氏は、以前から、仮想通貨のことを、ダイヤモンドのような価値を持つデジタルアセットと、かなり好意的に語っていた。ボクのブログでも紹介したね。

1/10/2018
仮想通貨はデジタルダイヤモンド!マネックス 松本 大氏

さあ、これで仮想通貨界隈も少しはまたおもしろくなるといいね。大手だと、ヤフー、LINE、サイバーエージェントが、参入の意向を表明。このあたりが入ってくると、市場は、また盛り上がるかも。


昨日のカブ発電所 4/3 発電量 923kWh(売電金額 26,352円)
三重第一発電所 311Wh(8,061円)
三重第二発電所 329kWh(8,527円)
千葉発電所 283kwh(9,764円)