時代はここまできました。あの保守的な銀行業界もついに副業解禁!。メガバンクはさすがにまだでしょうが、いずれ大量解雇時代を迎え、横並びで解禁になるのでしょうか。

日本経済新聞
新生銀、兼業・副業を解禁 大手銀初「多様な働き方」促す

contents_iconL_fb[1]

まずは、新生銀行の皆様、おめでとうございます。とはいっても、月曜から金曜まで時間をガッチリ拘束されている銀行業界ですから、何かやるとしても週末ですか。でも、週末ぐらいは、もっと楽しい遊びや趣味の時間に使いましょうよ。

そこで、おススメなのが、太陽光発電事業です。

不労所得の王様!と呼ばれているぐらいですから、とにかく手間いらずで、基本ほったらかし。忙しい銀行員の皆様には、ぴったりなんですよ。そして、何よりトラブルやリスクには意識が高い方々と推察しますので、その点でも最適かと存じます。売電の相手方は、大手電力会社で倒産リスクはゼロと言っていいでしょう。買取価格も、20年間の固定で国の保証付きです。投資資金の借り入れだって、銀行員の皆様ならまったく問題ないでしょう。あとは、どうやって物件探しをするかだけですね。でも、心配ご無用、ボクがお手伝いします。その代わり、ボクに太陽光発電の融資をつけてくれますか、なんてね。すみません、もちろん冗談です。でも、もう一基ほしいなあ。

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは登録して情報収集しましょう。販売業者からの営業はありませんので、ご安心を。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

昨日の発電状況 4/2 発電量 955kWh(売電金額 27,307円)
三重第一発電所 333Wh(8,625円)
三重第二発電所 325kWh(8,424円)
千葉発電所 297kwh(10,258円)