将棋の羽生竜王の得意技に「手渡し」というのものがあります。簡単に言うと、最善手が難しい局面で、自分は一見、緩手と見えるような手を指して、相手のミスを誘うという高等戦術。自分からひたすら攻めるのではなく、相手が崩れるのを待つ。何より実力がないとできないし、勇気のいる老獪な戦法。たぶん、他の勝負事にも同じような極意があると想像しますが、なかなか奥深いですね。

今年は、ちょっと難しい相場になりそうなので、ボクも羽生先生のように「手渡し」してみようかなと思案中。いやいや、キミの場合は、手が出せないだけでしょという声も聞こえますが、まあ、その通りです(笑)。つまり、難しい相場なので、自分からがむしゃらに攻めていかない。冷静に相場を観察し、勝ちやすい局面になったら出ていく。神代先輩もそう言っているしね。


IMG_3017
出典:インベスターZ

そして、こういうときは、断然、積立がいいですよ。相場の一喜一憂には我関せずと、淡々と仕込んでおく、そんな時間にしましょう。ボクは積立マニアなので、各種実践中。昨年12月にまとめた記事があるので参考にしてみてくださいね。

ブログ記事 12/15/2017
不労所得のマイランキング2017!積立系投資



昨日のカブ発電所 3/28 発電量 1,054kWh(売電金額 29,871円)
三重第一発電所 382Wh(9,901円)
三重第二発電所 378kWh(9,797円)
千葉発電所 294kwh(10,173円)