3月に入り千葉の発電レベルが上がってきたよ。先週は早くも300kWを連発。今週はすっきりしないけど、日が差すともう春ですね。連系が昨年の11月だったので、今年が初めてのシーズンになります。過積載の三重発電所では、もうピークカットが出ていますが、千葉はまだ。千葉のパネルは、通常積載のタイプなので、いつぐらいからピークカットが出てくるのか個人的には興味があります。また、こちらは、傾斜角も10度で夏仕様。これからが稼ぎ時なので、がんばってもらいますよ。

3月2日に初の300kW越え。

IMG_2817

続いて、3月4日も。

IMG_2820

ボクが太陽光発電を好きな理由の一つは、四季の移り変わりを感じさせてくれるから。そう、これは投資というよりも、畑から採れる作物、自然の恵みという感覚なんですよ。ということで、突然ですが、ボクの好きな春の詩を一つ。毎年、春になると、キャンディーズの「春一番」と同じぐらい思い出します!

ロバート・ブラウニング「春の朝(あした)」。
上田敏の邦訳が素晴らしい(訳詩集『海潮音』明治38年10月)。

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。 

最後に、メガ発でやっているebookのプレゼントキャンペーンのご紹介。ボクもここから2基購入しました。まずは基礎知識のお勉強から。