結論を先に言うと、その勝率の高い方法とは、「長期」・「分散」・「積立」の3つを忠実に守って運用することです。なんかWealthNaviからの回し者のようですが、これだけは間違いない。

長期:2~3年では短すぎます。10年ぐらいは続ける覚悟で。

分散:世界に目を向け、是非、米国株を含む海外株式を含めてください。

積立:必ず毎月の自動積立にしましょう。

これは言い換えると「今後10年間で世界の経済規模は全体で拡大する」ということに賭けている運用です。賭けと言いましたが、この賭けは、実現することがほぼ間違いないものですよね。だから、成功する確率が高いということなんです。実際、この手法は、理論的にも、過去データの実証的アプローチでも正しいことが証明されてます。これに対し、いやそんなことはないと思われるかたは、そもそも資産運用はやめておいたほうと思いますよ。ボクはおすすめしませんが、日本円を貯金して銀行に預けておくのがいいでしょう。もしくは、真逆のスタイルの短期集中トレードで一点突破するのも、もちろん、それも個人の自由です(負ける確率は高くなりますが)。

しかし、成功確率の高いこの運用方法には、一つだけ問題があります

それは、退屈でつまらないということなんです

だって、そうでしょう。まず10年も待てますか。そして、その間、資産が減っているような状態もあるわけですよ(含み損)。それなのに、毎月毎月、機械的に積み立てていく。そのお金で、もっと遊びたい、おいしいものを食べたい、当然の心理です。人間の脳は、困ったことに絶えず刺激を求めているんですね。

だから、気持ちのコントロール、これが一番大切なんです。ここは、理性で自分の感情をガッチリと押さえつけましょう。そう、資産運用道を極める修行僧のごとく、ひたすら、愚直に、「長期」・「分散」・「積立」です。

ネットで検索すれば、出てくるのは、こんなに儲かる!情報ばっかり。ぐっとこらえる。勉強は大切なんですが、絶対に儲かる商品なんて、この世にありませんから。アンテナは絶えずはっておくべきですが、浮気するのはいけません。そういうときは、ボクのブログをみてくださいね(笑)。いろいろ身銭を切って実験し、時には撃沈していますから。自分に合うのか、是非、参考にしてみてください。

関連記事:

投資初心者におすすめのファンドを一つ選ぶとしたら