去年退職してからは、時間ができたので、ネットで投資情報をいろいろ調べることが多くなりました。働いているころは、時間もなかったし、体力的にも新しい投資商品に手を出す気持ちが沸いてこなかった。例えば、仮想通貨。会社員を続けていたら、手を出していなかったと思います。仮想通貨を否定しているのではなく、単に口座を開いたり情報収集が面倒だからです。それに、金融機関だったので、コンプライアンスへの事前許可や報告義務があり、それを考えると億劫でやる気になれなかったはず。
5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_t[1]
さて、ネットで出回る投資情報ですが、ある特徴があります。まずは、これですね。


儲かったという話がやたら多い

儲かった、あるいは儲かるよという情報は、損したという情報より圧倒的に多いです。そして、相場が上がっていくと、その情報量は加速度的に増えていきます。なので、そういうタイミングでネットに入ってしまうと大変。どこもかしこも儲かった!という話ばかりになっています。

アフィリエイトがその一因

人間の気持ちとして、儲かった話を書きたいのは当然だし、うまくいった方法ならそれを発信したいのも自然です。なので、ここまではいいです。そして、極論すれば、ネット情報なんて、すべてポジショントークですよね。一番注意が必要なのは、アフィリエイトで、アフィリエイターたちが、たくみに宣伝活動をしているということです。さらに、悪いことに、レバレッジ系の商品ほどアフィリエイト料が高いので、よくわかっていない投資初心者がうっかり足を踏み入れると危ないところです。えっ、このブログだって、そのアフィリエイトを貼っているじゃないかって?はい、その通りで少し貼っています。でも、すべて実際に体験し自分が本当にいいと思ったものだけを取り上げています。ブログ書くのも結構時間かかるので、少しはチップをくださいね。もちろん、役にたったときだけで結構ですから(笑)。

勉強して金融リテラシーの向上をはかる

ということで、ネット情報は、実はかなり偏っていてノイズも多いということを言いたかったのです。ですから、まず自分が勉強してリテラシーを身につけること、そして、一定の懐疑心を持ってネット情報に接することが大切です。

自分にあった情報の取り方を工夫しよう

それから、自分の投資スタイルにあったツールをうまく使うのが重要だと思っています。例えば、ボクは数か月前からTwitterを始めました(自分ではあまりつぶやきませんが)。仮想通貨関係の情報は、毎日それこそ山のようにきました。ボクには多すぎて、それが結果としてノイズになってしまっていたようです。ボクは、仮想通貨は基本Zaifの自動積立でいき、短期トレードはしないつもりです。だから目先の情報はあまり必要ないんですね。ということで、今日はフォローしていた人を大幅に整理して、かなりはずさせてもらいました。この人は信頼できるな、この人はいいこと言うな、そして、つぶやき頻度が自分にあった人だけにしました。その人たちの「いいね」とか「リツート」も入ってくるので、各投資分野ごとに、数人フォローすれば十分みたい。

ということで、当ブログも投資情報を扱うものですので、フィルターにかけて、うまくお使いください!