コインチェック事件からの素朴な疑問です。ボクは比較的早く投資を始めたほうだと思いますが、先行の投資家からは、こんなことを教えられました。

・取引所は仮想通貨を置くところじゃないからね。
・オンライン保管は、どこまでいってもハッカーリスクから逃げれないよ。
・だから、オフライン保管、つまりハードウォレットじゃないとダメ。
ハードウォレットに移すときはアドレスに注意。間違えると戻ってこない。
ハードウォレットの暗証番号は紛失しないよう。なくしたら取り出せないよ。
・だから
暗証番号は、USBや紙に書いて最低2か所に分散して保管するんだよ。

いやー、超面倒!と思いながらも、仮想通貨は非中央集権的な概念と思想から生まれた次世代コイン、だから、誰も管理してくれない、つまり自分で管理するものなんだ、と頭では無理やり理解したものの、体がついていかず(笑)ハードウォレットは使ってきませんでした。


今回、コインチェックが盗まれたNEMの補償を発表し、まさかのキャッシュ払いとそれを決めたスピードにだれもが驚いたわけですが、興味深かったのが投資家たちの反応でした。

前から投資をやっていた、いわゆるアーリーアダプター層は、CCの発表に対し、神対応!スゴイ!と絶賛。一方、最近参入してきたマジョリティ(それでもまだ先進的なマス層)は、当然でしょ、約束していた保全対策もやっていなかったんだし、なんでいきなり強制損切り食らうんだと不満。

ボクはどうだったかというと、自分がハードウォレットを使ってなかったことを後悔して半ば諦めていたので、その意味で神対応と思いましたね。アーリーアダプター層は、自分たちがパイオニアとして、未開の地に道を切り開き、震えるほどのリスクを取って投資をしてきたという自負があるはず。なので、丸腰で仮想通貨投資に入ってきてCC事件に巻き込まれたのは、自己責任じゃないかということでしょうね。よくわかります。

でも、最近ボクは、
ハードウォレットがなければ保管できない通貨って本当に一般大衆に普及するようになるのかと思うようになりました。もし、このままであれば、一部のマニアのものか、それこそ投機対象にしか過ぎないものかもしれません。

今後は、取引所がオフライン管理を徹底してくれて、われわれが安心して預けられる日がくるのかもしれませんが、まだ先でしょう、いや、そもそも、そういうものじゃないという声もやっぱり聞こえてきます。何が言いたいかというと、保管や管理がハードウォレットでしかできない状態だと、これが実用の大きなネックになるなと、今更ながら思ったということです。普通の人が安心して便利に使える通貨になるには、まだまだハードルがあります。

CC事件後は、マーケットも静かになってきましたね。しばらくはこんなかんじでしょうか。さすがに年初早々、冷や水を何度もぶっかけられましたからね。でも、仮想通貨のことを考えるいい機会ですよ。マーケットがまた動意づくまで、ボクは
Zaifの自動積立を淡々とやっていくことにします。

関連記事: