既にもう何社も名乗り出ている仮想通貨取引の確定申告支援サービス。昨日の日経朝刊記事(1/26)に載っていた会社を紹介しますね。
確定申告の悩みを解決するサービスも登場した。仮想通貨取引支援のエアリアル・パートナーズが開発したソフトウェア。取り込んだデータから損益を自動計算し、今月5000人の申込みが殺到した。「真面目に納税する人の手間を軽くしたい」。同社の岡田佳祐(29)はいう」。
IMG_2662
あと、同じ記事のなかで、おもしろかったのは以下。

「仮想通貨から生まれる税収入は数千億円」。ビットフライヤー取締役の金光碧(35)は予想する。手ぐすね引く国税庁は職員自ら売買して課税の予行演習を繰り返す。バブルの受け止め方は人それぞれだが、一番得をしたのは国であるのは間違いない。

あまり突っ込んでもいけないが、国税局の職員さんスゴイです。自分のポケットマネーでやるのか。まさか、コインチェックは使ってなかったよね。損してないかも、ちょっと心配です。

それから、この会社はZaifのテックビューロとも、最近、業務提供をしましたね。ボクもZaifでは積立を続けていきますが、申告関係が心配な人には何かと心強いですね。