昨日、ある投資ワークショップに参加しました。主催は投資家兼ブロガーのA氏です。ボクはこういうものには、今まで参加したことがなかったのですが、思い切って参加してみました。理由は、同じ投資をしている人たちとのネットワーク作りです。もともと、自分は人付き合いもあまりよくないし、積極的に友達を作るタイプではないので、こういう場はちょっと抵抗がありました。でも、行ってみると、とてもよかった。情報交換も顔をみながらだと、格段に信頼性が高まるし、安心感があります(それが危ないときもあるのでしょうが)。投資って、お金の話なので、なかなか腹を割って話ができないことも多いじゃないですか。でも、こういうところに来ている人たちは、いわば同志、昨日はどちらかというとマイナー商品でしたので、余計に連帯感がありました。
de2f862b375707dd574336617b8e09d0_t[1]
ワークショップの中で、A氏が「自分はアナリストじゃないので相場はほとんど予想しません。したところで、あたらないことが多いし。」と発言されていましたが、ボクも同感です。もちろん投資ですから相場の全体感は必要ですが、短期的な上がり下がりなんてわからないわけですよ。じゃ、どうすればいいのという質問には、まず教科書的な答えとして、長期&分散投資。そして、もう一つあって、それが、自分にあった投資手法を見つけ工夫していくこと。ボクの場合は積立てで、A氏の場合はFXトレードやレバレッジ系取引の売買。この三つ目の自分にあう投資手法を発見すること、実はここが投資の勝率をあげるキモなのかなと思った次第です。