太陽光発電投資におけるリスクの一つが「業者リスク」です。最大のリスクと言ってもいいかもしれません。2000万クラスの投資ですから、問題物件をつかまされたり、最悪は購入代金を持ち逃げされたり、そんなことがあったら大変なことになりますね。ボクも最初の発電所を購入するときに、この業者リスクをどうしたらいいのか、いろいろ考え、そして悩んだことを覚えています。

さらに購入した後も、業者とのお付き合いというのは、基本20年続きます。その間のメンテナンスや故障不具合の対応など、すべてその業者にお願いすることになります。ですから、優良業者から物件を購入すること、これが投資を成功させる大きな(たぶん最大の)ポイントになってきます。
a1cad8126d981e13af3982aacbfb2144_t[1]
それではどうしたら優良業者を見分けることができるのでしょうか。ボクなりのチェック項目を紹介しましょう。

メガ発タイナビ発電所のような検索サイトに物件を掲載している会社。
・社歴があり社長の経歴がしっかりしている会社。
・販売施工実績がある会社。
・信頼のおけるメーカーのパネルやパワコンを使っている会社。
・手付金や着工金がない(またはその割合が少ない)会社。
・HPがあり、ネット上にネガティブな評判のない会社。
・信販系と提携していて融資付けに強い会社。
・融資の際、地域の金融機関や公庫の紹介が可能な会社。
・極端に高い利回り物件を出していない会社。
・販売資料の内容が適正で煽るような表現がない会社。


正直に言うと、業者選びはそれほど簡単ではないです。地元の工務店や社歴の浅い会社も多い業界ですので、情報がなかなか取れないことが多いです。ですから、最後は上にあげたチェック項目から総合的に判断をすることになります。もちろん、一回は必ず現地に行き、会社で担当者や代表者と話すということも絶対に必要です。ボクは、融資を使うか使わないかは別にして、業者が信販のソーラーローンと提携している会社かどうかを重要視していました。理由は、そういう業者は、少なくとも信販の審査を通っているわけですから、リスクもそれなりに軽減されるはずという考えです。また、信販からの融資で買う場合には、信販会社が設置工事の確認を行ってから融資の実行をしますので、代金の持ち逃げというリスクヘッジができることを覚えておくといいかもしれません。

それから、20年の間には、購入した業者がいなくなってしまうということも覚悟しておいたほうがいいかもしれません。なので、ボクはそのあたりに同じような発電所がある地域を選ぶことにしています。そうすれば、そういう事態になっても、他の業者にスイッチできますからね。参考にしてみてください。

ボクの三重の2基は、メガ発から購入。今なら、無料の会員登録でebookがもらえるキャンペーン中です。


タイナビ発電所も日本最大級の投資物件サイト、メガ発とあわせて物件チェックをいれるのが定番です。まずは登録から。