仮想通貨の損益計算には結構手こずりましたが、なんとか終了。次は太陽光発電の申告準備に取り掛かることにします。

まず、中部電力と東京電力から郵送されてくる月次の電力買取明細と銀行通帳の入金額を確認しながら、売電収入を会計システムに入力(ボクはやよいの青色申告オンラインを使ってます)。収入関係はこれだけ。

経費関係のほうは、毎年発生する費目が決まっているので、完全にルーティン作業になります。

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_t[1]
一般に、太陽光発電事業で経費参入が可能なものはこんなものでしょうか。

・発電システムの減価償却費(耐用年数は17年)
・発電システムにかかる償却資産税
・土地固定資産税(土地所有の場合)
・地代(土地賃貸の場合)
・ローンの金利部分(借入のある場合)
・メンテナンス費用(現地の業者に委託している場合)
・損害保険費用
・パワコンにかかる電気代
・遠隔監視システム使用料(使っていれば)
・旅費交通費(現地を視察したような場合)


判断に困るようなものはあまりないですね。最初の年は少し手間取るかもしれませんが、そこだけ乗り越えれば2年目からはまず大丈夫。それから、ローン金利は忘れやすいので注意してくださいね。元本部分は経費にならないので、返済予定表から金利部分だけを拾い上げてください。

節税テクニックがあるとすれば、購入後初回の申告です。発電システムには、本体設備のほかに、フェンスや遠隔監視装置、防草シートなど、付随的なものがありますよね。業者からもらうシステム明細では、是非、これらを、本体と切り分けて個別ラインで書いてもらいましょう。理由は、30万未満ならば少額固定資産として一括で費用処理が可能だからです(但し、年間300万までの上限あり)。

不安なら税務署に直接聞くか(このあたりは論点もなく親切に教えてくれるはず)、税理士先生に相談してみましょう。税金も立派な投資コストですから、賢く節税してリターンを最大にしてくださいね。