11月までは計算を終わっていたのですが、12月のフィーバーで辛抱耐えきれずトークン系を中心に一部利確に走ってしまいました。なので、昨日の午後、重い腰をあげて、残りの利益計算を始めることに。ボクはこういうことには慣れているほうだと思いますが、それでも2時間ぐらいはかかりましたか。たった1か月の計算ですが。
70e91a85a424d4fe9ed72defaae90a89_t[1]
まずは、11月までと同様、各取引所から取引データをダウンロードします。それをエクセルにコピペして、様式を整えたり、列の入れ替えとか、ちょこちょこ。基本、ボクは取引所を飛び越えた取引も、取引所内でのコイン間売買もなく、円をかませたシンプルな取引ですので、そんなに複雑ではないです。唯一面倒だったのが、CMSトークンの買いで、ICOの時、キャッシュではなくXEMとZAIF Tokenで買っているんですよね。そして、さらにボーナスもついていたりして。これが、ちょっと面倒でした。一応、当時のレートも出ていたので、円換算して、CMSトークンの購入原価を出しました。

やったことのない人には、こういう計算はたぶん大変ですね。特に、コイン間売買が多かった人は超面倒です。今年こそは、各取引所から申告準備に使えるレポートを出してもらうよう、切にお願いします。

以前も紹介しましたが、bitpressに出ているスプレッドシートが参考になります。もう一度紹介しておきますね。

bitpress ビットコイナーと税理士の狭間で
第11回「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」


売却原価を計算する方法には、総平均法と移動平均法がありますが、数字を使って具体的に税理士が説明してくれています(総平均法のほうが簡単でおすすめです)。
IMG_2452

参考

国税庁HP:仮想通貨に関する所得の計算方法等について
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf