12月の結果報告です。月次キャッシュフローは96万、運用資産残高は5400万です。12月は、新規の太陽光発電所と合法民泊のハイシーズン実績が入ってくるので期待していましたが、目標のキャッシュフロー100万にはタッチ届きませんでした。これから民泊のほうが閑散期に入るので春まではちょっと低迷する見込み。
201712
表の見方
・表は、「不労所得キャッシュフロ―」と「運用資産残高」に分けています。
・不労所得キャッシュフロ―は月次CF、運用資産残高は月末のものです。
・運用資産には、投資不動産は含めず金融系商品のみリストしています。

今月のコメント

キャッシュフロー

・三重発電所は順調でしたが、さすがに12月は日射量が最低月なので前月割れ。
・千葉発電所は11/30に連系済み。数字はまだ概算ベース。
・合法民泊は11月のハイシーズン実績。初期諸費用の約12万を控除後の数字。
・SL分配利益は3万弱まで上がってきた。今後は月7~8万ぐらいを期待。
・FXスワップも順調に増加。こちらは月3万を目標。
・株式配当は主にサイバーエージェントのもの。

運用資産残高
・合計ベースの増加800万は、以下の3資産が貢献。
(1)仮想通貨の評価益拡大(12月のアルトコイン爆上げ効果)+300万
(2)ソーシャルレンディングへの追加投資 +260万
(3)海外株式の評価益増加 +160万
・投信、日本株、外国株、良好な相場環境で評価額はいずれもアップ。
・仮想通貨の追加投資は、いつものZaif積立10万と緊急出動で入れた30万。
・ウェルスナビは相変わらず順調です。
・FXスワップは予定通り。評価損益も先月のマイナスからプラスに転じる。
・仮想通貨残高には、口座内の待機資金(キャッシュ)も含んでいます。
・ソーシャルレンディング残高には、待機資金(預託金)も一部含んでいます。

今月は、仮想通貨祭りから、多少のおこぼれをいただきましたが、これはまあ特需です。それに、ほとんどが含み益です。やはり、事業部門の太陽光発電と合法民泊、運用部門では、積立やインカムゲイン系を本線でやっていきます。


関連記事: