事業開始後、最初の案件だったので、社内もいろいろ大変だったのでしょうね。しかし、ボクの申込済案件も、いきなりのキャンセルとなり、再募集するからもう一度列に並び直してくれと、しかし、日時を改めた募集時刻には私用のため参加できず、数時間遅れて試みるも、あえなく募集終了の札が。。。ということで、結局、申込みはできませんでした。一応、顛末を記録しておきますね。
IMG_2574
12月18日 第1号案件A~Dを利回り5~8%で募集開始。

12月18日 ボクは同日、案件A(利回り5%)及び、案件D(8%)に申込(入金済み)。

12月20日 同一内容でオープン記念特別金利を付した利回りの高い案件を別枠で募集開始。

12月20日 ボクは特別金利付きの第3号案件(10%)にも申込(入金済み)。

12月26日 申し込んでいた第1号案件A及びDのほうが突然キャンセルとなる。プレリートからのメールには「同じ内容にもかかわらず後発案件の金利を高く設定したため」と説明。さらに、同メールで、特別金利を付した第1号案件の再募集を12月28日12時より行うと告知。案件Aの新利回りは2%アップの7%、案件Dは3%アップの11%となる。

12月28日 ボクは12時の募集開始に参加できず、結局、案件A及びDの申込みに失敗。

おそらく、最初に投資した人たちから相当クレームもあったのでしょう。メールによると、「オープン当日の状況が想定を下回ったため」、「投資を喚起すべく」、結果として「あってはならない商品展開」になってしまったという説明になっていました。

プレリートには、案件のローンチプロセスの改善を望み、今後はこのようなドタバタが起こらないよう、社内コンプライアンス体制も強化していただくよう切にお願いいたします。