京都案件は、最近あちこちで組成されていたので、LENDEXの前回12号はパス(正確には、地域は山科でしたが)。京都以外の案件に投資したいと思っていたところ、今回出たのがこれです(利回り9.5%、期間6か月)。10万円を投資、LENDEXへの初出資となりました。

IMG_2479

評価額が7640万のところ、抵当権第1順位で6000万の融資。評価額の79%ですから、LENDEXの上限ルール(80%)にほぼ目一杯。神奈川の業者で、物件は世田谷。土地は30㎡(9坪)と、とても小さく、いわゆる狭小住宅ですね。詳細な立地や最寄り駅など一切不明なのですが、都内ブランド住宅地ですから、まあ大丈夫でしょうと、その程度の分析です。やはり担保付きというのが、なにはともあれ投資判断の拠り所です。
IMG_2480

LENDEXの特徴ですが、ボク的には次の3つだと思っています。

1)東急リバブルと提携、査定書はリバブルが出す。リバブルですから査定額には信用が置けますね。
2)案件は担保付き、そして融資額は、査定評価の80%までと固め。
3)利回りは10%前後が多く魅力的。

組み入れ案件はもう少し増やしていく予定です。

関連記事:




LENDEX