先日、国税庁から仮想通貨に関する所得の計算方法について、Q&Aが出ましたね。ボクは、基本、利確はしてこなかったのですが、それでも期中、誘惑に耐えきれず、利確したものが少しあります。なので、今日は重い腰をあげ、さらに気合を入れて(笑)、計算をやってみました。そのときに、参考にしたのが、bitpressの記事です。計算のスプレッドシートがとても参考になりましたので紹介しますね。
IMG_2452
bitpress ビットコイナーと税理士の狭間で
第11回「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」

まずは、取引所から、期中の全取引をダウンロード。ボクの場合、3つの取引所(bitFlyer , Coincheck, Zaif)を使っているので、それぞれからデータを落とします。難しくはないのですが、結構、骨が折れます。当然、取引所ごとにフォーマットも違うので、Excelにデータをコピペしながら、上の表形式に入れ直す作業を進めます。原価は簡単な総平均法を採用しました。

で、結果は約20万の雑所得。もともと、確定申告はしないといけないので、スプレッドシートといっしょに税理士に提出します。

bitFlyer
お取引レポートから取引データをダウンロード。利益は約7万、主にBTCの一部利確から、原価は22万/BTC。

Coinckeck
月別にダウンロードできます(https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/109)。利益は約2万、同じく主にBTCの利確から、原価は44万/BTC。

Zaif
四半期毎・通貨別にダウンロードできますが、なぜか文字化けしてしまって、スクリーンからコピペしました。利益は約10万、主にZaif Tokenの利確から、原価は0.18円。遊びで買ってみたZaif Tokenでしたがラッキーでした。CMS ICOが終わる前に、全部売りました。

来期には、各取引所から自動でレポートが出力できる機能を切に望みます!

参考

国税庁HP:仮想通貨に関する所得の計算方法等について
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf