FXはこの間まで考えもしなかったのですが、部屋掃除をしていたら昔の本が出てきて、再開してしまいました。通貨は高金利で有名なトルコリラです。為替系の投資が一つもなかったので、為替分野でアンテナを立てておくのもいいかと思いました。基本、ボクは、投資のなかで、為替ほど予想がしにくいものはないと思っていて、為替のトレードなんかは絶対に無理と思っています(投資自体を否定するものではありません、あくまでボクには勝てる気がしないということです)。なので、低レバでスワップ狙いです。ならば、当然、高金利通貨ということになり、選択枝としてあがったのが、南アランド、トルコリラ、メキシコペソです。南アランドは、昔やっていたのでパス(新しい通貨を単にやりたかった)、メキシコペソは扱っている会社が少なかったのでパス。結果、消去法でトルコリラにしました(口座を開いたFXプライム by GMOからは、その後、メールがきて、来年1月からメキシコペソとポーランドズロチを追加するそうです!、興味ありますね)。


出典:FXプライム by GMO

やる前には一応、スワップ戦略の復習をしましたよ。結構、FXブログで公開されているかたがいましたので参考にさせてもらいました。ボクのやり方は、得意の積立でいきます。そして大事なレバレッジは、3倍でやることにしました。3倍でやると、10円近くレートが動かない限りロスカットされません。現在、1トルコリラは約30円。ここ数年のトレンドをみて、ここまでは一日で動かないと判断したわけですが、何が起こるかわからないのが為替の世界。投資判断は各自のリスクでお願いしますね。

口座のほうは、FXプライムbyGMOで開きました。スワップ金利が高かったというのが一番の理由です。現在、1万リラ・1日当り、約100円のスワップ水準です。そして、毎月10万円を保証金として口座に入れて、そこから1万リラを購入していきます。今、1トルコリラが30円ですから、普通に買えば30万必要なんですが、FXプライムbyGMOではレバレッジが25倍ですから、12000円(30万÷25)あれば1万リラを購入できることになります。しかし、ボクは10万を口座に入れたので、実質レバレッジは約3倍(30万÷10万)になります。少し面倒なのは、FXプライムbyGMOのレバレッジが25倍の固定なので、自分で実質のレバレッジが3倍になるような保証金を毎月口座に積立てることです(それが今の為替だと毎月10万)。

簡単にまとめると、

・毎月10万のお金を口座に入れる。
・そこから1万リラを購入。
1万リラから毎月3000円のスワップがもらえる。
・これを毎月繰り返しやっていく。
・保有しているリラが増えていくと、スワップも比例して増えていく。
・10か月後、10万リラ保有になると、毎月のスワップは3万に増えている。
・その途中で得たスワップを再投資すれば、さらに複利で運用利回りがアップ。

こんなかんじです。

そして、注意点は、スワップ損益に加え、為替損益が発生することです。これがFXでは一番こわい。なぜかというと、スワップは毎日コツコツ稼ぐタイプのいわば金利収入ですが、これがドカンと為替損で吹き飛んでしまうから。さらに、ギリギリの保証金(つまりハイレバレッジ)でやっていると、為替が大きく動いたとき、ロスカットされ一発退場です。

この二つのリスクをどうやって防ぐかが、スワップ戦略で一番大事なことになります。読んでなるほどそうか、と腑に落ちた方は実践のとき参考にしてください。逆に心配になった方は、投資はやめておきましょう。

ドカンと為替損で吹き飛んでしまう、そうならないために
毎月1万リラを購入していく。毎月の積立で購入することによって、原価が平準化され、トルコリラが下落することへの耐性を強化し、為替損のリスクを緩和できるようになります。

ロスカットされ一発退場、そうならないために
十分な保証金を積んでおく、これがレバレッジ3倍で、為替が10円近く下がってもロスカットされないようになります。

あと、リスクとしては、スワップ水準が今より低くなってしまうかもしれません。スワップは、日本円とトルコリラとの金利差で決まりますから、正直、ここは予想するのが難しいです。ただ、金利というのは通常一気には動きませんから、少なくとも1~2年ぐらいはこのレベルが続くとボクは乱暴に考えています。最悪、スワップに魅力がなくなったら、そのときは時期をみて。この投資をやめればいいと思っています。

それから、毎月の購入のタイミングですが、マイルールを決めてください。いつでもいいんです。給料日の翌日でも、1日でも30日でも、要は忘れないような日に決めればいいです。もちろん為替をみてレートのいい日に買うのもありですが、これはやめておいたほうがいいです。意思が入ると毎月の積立にならなくなってしまう可能性が高いです(今月はリラが高いから購入をやめておこうかとか)。為替が平時で動いている限りは、ひたすらマイルールに従って機械的に淡々と仕込んでください。なので、積立は自動システム買付けがベストなんです。今回も、トルコリラの自動積立ができる会社を探したのですが、残念ながらありませんでした。もし、将来そういう会社が出てくれば検討候補です。

次回は、ボクの実際損益データをアップしてみますね。

関連記事: