会社を辞めると、銀行は融資をしてくれません。具体的には書けませんが、退職報告をしたとたん、某銀行さんは速攻で審査済み融資を断ってきました。実は、とある事情があって、案件が遅れてしまい、融資実行日より退職日が先に来てしまったのです(涙)。ボクのほうは、突然の戦力外通告(=クビ)ですから、退職日が自分ではコントロールできず、そういう残念な結果となってしまったわけです。あれだけ審査手続きに時間も使ったのにと、ひとしきりボヤくも、世の中、そういうことになっていますからね。そう、職業不詳の50代オヤジに、どこの銀行がお金を貸しますか。

なので、皆さん、お金は会社員時代に借りましょうね。銀行にとって、サラリーマンほど信用力のある職業はないのです。正直、前時代的な融資条件とは思いますが、いまなお、会社員と不動産担保は、融資の最高の切り札です。投資家として成功したいなら、むしろ、そのルールをうまく利用して融資を引き出すことを考えるべきです。

ボクの場合ですが、しばらく、だれも貸してくれないでしょう。最悪、不動産を担保に入れて、高めの金利なら少しは借りれるのかもしれませんが、今はそこまで考えていません。太陽光発電は担保価値もほとんどみてくれませんし、残された手段は、合法民泊を1年間やってその事業実績でトライするしかないでしょうね。

あとクレジットカードの審査も落ちるんでしょうかね。一度、機会があれば申請してみたいと思います。
82d47739618ac6705b0481c5ac43d465_t[1]