COMSAトークンの正式ICO開始が10月2日と迫ってきました。発表されたときから時間もたち、市場も情報を消化して少しは落ち着いてきた感はあります。先だって行われたプレセール(10万ドル相当以上の大口購入)も初日で3Mドルを超えたとか(円で3億円以上、1CMS=1ドル相当)。順調な推移なのでしょうか。さて、ボクはどうするかというと、実験的に少し投資してみようと思っています。思うところは、日本初のICOプラットフォームに自分のお金を入れてサポートしてみたいということです。儲かるかどうかはわかりません。たぶん短期的にはそうならないのでは。だから、本音を言うと、何か投資する大義名分が欲しかったのと、持たざるリスクというのでしょうか、将来どこかで盛り上がった場合に備えて持っておきたい、そんなところが投資する本当の理由になります。

ICO期間は10月2日から約1か月も続くのですが、注意しなければならないのが10月1日までに登録を済ませておかないと投資ができなくなってしまうことです。まだ考え中の人も、最終的にやるやらないかは別に、登録だけはしておかないと参加できません。登録はここから↓できます。

COMSAの公式登録画面

注:登録してもらうと、ボクに少しリフェラルボーナスがつくそうです。アフィリエイトみたいなものです。そういうのが好きでない人は、ここを経由せず自分で登録サイトにいって参加してくださいね。

さて、COMSA ICOは、マーケティングがしっかり考えられています。このアフィリエイトの仕掛けもそうですよね。ネット世界で情報拡散させるマーケティング手法のツボを熟知しています。このへんは、彼らが金融出身ではなく、やはりIT出身のベンチャー集団という気がします。正直、このやり方を、さすが商売上手と評価するのか、それともやりすぎと考えるのか、ボクはまだ迷っています。しかし、今回、コインの発行数に制限をつけてないことやICO終了直後に理論的な価値をあえて半減させてしまうことは、ICOの短期的な加熱を抑え、中長期的にICOプラットフォームを発展させることに注力していきたいという彼らのビジネスモデルを示唆しているのかもしれません。

例えば、ICO期間中、早く投資すればするほど、COMSAコインがボーナスでもらえる仕組みになっています。10/2~4に投資すれば、+14%のボーナスが付与、10/4~11までが+10%、10/11~25までが+5%というようなプログラムになっていて、投資家から早く買ってもらって、ICO実績を初期にアピールできるようになっているようです。また、Zaifトークンを使って買うと、ボーナスがさらに2%ついたりします(3000CMS以上の購入)。ボクはそこまで買いませんが、Zaifトークンが少しあるので、たぶんこのコースで買うつもりです。

COMSAコインは、その後のプラットフォームでのICOに使え(例えば、CAMPFIRE)、そこでもボーナスがつくことになっています。こんなふうにボーナスが何重にも仕掛けとして用意されていますので、うまく使えば結構お得にはなりそうです。

最後に、投資は自己責任でお願いします。よろしくお願いします。
COMSA

関連記事: