昨日は年金の話、そして今日は健康保険の話です。会社を辞めた場合、健康保険には二つの選択肢があります。個人で国民健康保険に加入するか、勤務していた会社の健康保険を任意継続するか。どちらか選ばないと、医療費は全額自己負担となってしまいます。ボクは結局、任意継続のほうを選びました。一番の理由としては、病気や入院の際の付加給付が会社の健康保険のほうが大きかったからです。

保険料は、家内と二人で月に約48000円です。結構高い!これまで給与天引で把握してなかったのですが、今までは会社が半分も負担してくれていたんですね。健康保険もまとめて前納すると割引になるそうで、来年3月まで払いました。約30万です。退職すると何かと支払いが増えるかんじ(笑)。

今回、会社をやめてわかったこと。

・これまで、健康保険は会社が半分負担していた。
・退職後、任意継続すると自分で全部払うことになる。
・任意継続は2年の期限がある(組合によって違うかも、その後は国民健康保険に加入)。
・会社の健康保険は、扶養家族が何人いても保険料は同じだった(初めて知った)!
・これに対し、国民健康保険は、加入する人数分の保険料を納める必要がある。

いやー、会社員というのは、結構優遇されていたんですね。辞めて初めてわかりましたよ。
c111f3527836a5372cef0580dabcc72d_t[1]
関連記事: