条例案によると来年の10月導入で、宿泊代が一人一泊2万円未満の場合200円/人、同様に2万円以上5万円未満で500円/人、5万円以上で1000円/人となっています。一番高い1000円/人に目がいってしまいますが、ほとんどの宿泊施設は、一人一泊2万円未満でしょうから、宿泊税は実質一人一泊200円と言ってもいいですね。とすると、宿泊代が安いゲストハウスや民泊業者には少し痛手かもしれません。ここ数年、京都は劇的に外国人観光客が増えました。町を歩いても本当に外国人だらけ。ヤミ民泊も確かに横行している現状です。京都市は、無許可の民泊に対しても宿泊税の徴収を怠った場合は遡って課税する構えだそう。気合入っていますね。もちろん、一番大切なのは、税の使途です。門川市長よろしくお願いします!