前から書こう書こうと思っていたのですが、しばらくサボっていた「太陽光発電の始め方」です。何回かの連載でアップしてみたいと思います。

太陽光発電に初めて投資をする場合、だれもがタイナビメガ発のようなサイトで物件を探し始めます。ただ、案件情報は、それぞれの業者がバラバラに記載しているので、注意してみないと誤った理解をしてしまうことになります。例えば、利回りですが、業者によっては、土地代金やフェンス代を含めていなかったり、また含めていたり、それから毎年のメンテナンス管理料も同様で、結構まちまちです。ですから、物件情報を比較するときには、そのあたりを抑えたうえで、比較しないと、あとで実質利回りはこれだけだったということにもなりかねません。
aa60d61d1605c6b1de78b40da8e81f82_t[1]
1.まずは、タイナビメガ発に会員登録をしましょう。太陽光投資案件の2大サイトになります。会員限定の物件情報もありますし、一応、このサイトに登録して営業活動をしている業者であれば、最低レベルでのスクリーニングがかかります。ただ、本当に信頼できる業者かどうかは、案件情報をもらいながらの付き合いを通じて判断するしかなく、初めての投資の際にはちょっと難しいところだと思います。ここは別の機会に書きたいと思いますが、やはり、会社の施工実績(件数)や設立からの年数、代表者など、それぐらいは最低限、調べ、それでも心配なら、知っている人からの紹介などがいいかもしれません。ボクはこれまで一人で開拓してきましたが、幸いにして信用のおける会社に出会うことができました。それから、タイナビとメガ発への会員登録ですが、登録したからといって、業者の方からのセールスは原則ありませんのでご安心を。

あと、大事なお金の話ですが、会社員のかたなら、一基目の融資(2000万クラス)は、アプラスのような信販系が使え、ほぼフルローンが可能だと思います。もちろん、ここも年収やら各種属性判断が各社であると思われますから、断言はできません。しかし、信販系がダメなら公庫という手もあります。融資が投資の必要条件になっているなら、探すときには、これを第一条件で探すべきです。信販ローンが使えるかどうかは、業者によって決まってきたりしますので、まずは融資もアレンジできる業者を選んびましょう。

2.登録したら、あとはタイナビとメガ発サイトのチェックは日課です。新着物件をみていくのもいいですし、検索機能を使って各種条件設定をしてみていってもいいです。毎日みることによって、物件の相場観(特に利回り)と購入を決める際の反射神経を養ってください。

タイナビの例です。

物件種別:太陽光か風力発電を選びます。

価格:自分の予算帯を入れます。低圧の場合ですと、2000万から3000万の間が一番物件数が多いでしょう。

利回り:重要項目です。ボクは土地代含め最低10%以上のものを基本探していますが、業者によって利回り計算が違うので注意してください。

連系年月:場合によっては、来年、1年後ぐらいのものも平気で掲載されていますので要注意です。

エリア:もちろん自分が住んでいるエリアであれば、便利ですが、太陽光の場合、必ずしもそれにとらわれなくともいいと考えています。ボクは、東京電力、中部電力、関西電力のエリアに絞って探します。理由はこれらの管内では現在出力抑制などがかかっておらず、今後もその可能性が低いとみているからです。

新築・中古:ボクは基本新築で探しますが、中古でもいわゆる築浅であれば問題はないと思っています。数年前に特別償却を目的に購入した法人が手放す物件などは結構狙い目になってくるかと思います。

土地契約:土地の契約形態です。賃貸か売買になります。賃貸の場合は、土地を例えば20年間借りて発電します、売買は土地を自己所有にして発電します。ここは一長一短あり、答えはないと思います。一般には土地所有案件のほうが多いでしょうか。この話は論点も多いので別記事で説明することにしますね。

その二に続く。

太陽光発電物件の2大サイト
《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
業界最大級の物件を掲載!メガ発