本多静六という明治から大正に活躍した学者でありながら伝説の億万長者と呼ばれた人物の財産告白です。今日は、彼が著した資産形成の隠れた名著(「私の財産告白」昭和25年出版の復刊)を紹介してみたいと思います。少し前には、「インベスターZ(18)」でも、意思が弱くても確実に貯まる本多式貯金法として紹介推薦されていましたね。
本多静六

1866年、埼玉県菖蒲町生まれ。苦学の末、1884年に東京山林学校(のちの東京大学農学部)に入学。一度は落第するも猛勉強して首席で卒業。その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。1892年(明治25年)、東京農科大学の助教授となり、「4分の1天引き貯金」と1日1ページの原稿執筆を開始。1900年には教授に昇任し、研究生活のかたわら植林・造園・産業振興など多方面で活躍するだけでなく、独自の蓄財投資法と生活哲学を実践して莫大な財産を築く。1927年の定年退官を期に、全財産を匿名で寄付。その後も「人生則努力、努力則幸福」のモットーのもと、戦中戦後を通じて働学併進の簡素生活を続け、370冊余りの著作を残した。1952年1月、85歳で逝去。

ボクが読んで響いた箇所です。

金儲けは理屈でなく、実際である。
計画でなくて、努力である。
予算でなくて、結果である。
その秘伝はとなると、
やっぱり根本的な心構えの問題となる。

投資の第一条件は安全確実である。
しかしながら、絶対安全をのみ期していては、
いかなる投資にも、手も足も出ない。
だから、絶対安全から比較的安全、
というところまで歩み寄らねばならぬ。

「天才マイナス努力」には、
「凡才プラス努力」のほうが
必ず勝てる。

貯金とアルバイトで雪ダルマの芯を作る。
さて、このあとをどうするのか。
これからが「致富の本街道」である。
新しく積極的な利殖法を考えることである。
それは断じて「投機」ではない。
「思惑」ではいかん。
あくまで堅実な「投資」でなければならぬのだ。
岡本史郎氏の巻末の解説がこの本のポイントを看破していて鋭いです。
世の中には誰もが勝てる勝負がある。
しかし、ほとんどの人はそういう勝負には参加をしない。
本多静六という人が人生で行った勝負は、
その「誰もが勝てるが、ほとんどの人がしない勝負」だった。
この文中「勝負」のところを「資産形成法」と読み替えてください。ボクが推奨する投信の積立投資はまさにこれです。特別な才能などはまったくいりません。ボクのような平々凡人で十分です。今回、この本を読んだのは初めてでしたが、ボクは20代のころ毎月4万円を積立定期預金にしていました。当時の給料から考えると、ほぼ4分の1で、まさに偶然ですが本多式「4分の1天引き貯金」を実践していたことになります。今から思うと、この20代で始めていた積立が本当に良かったと思っています(雪ダルマの芯になった)。その後、積立定期は積立投信へと代わっていき、ファンドを通じ投資対象の成長を複利で運用できたこと、そして、蓄財したキャッシュを使って不動産投資に打って出れたことが、今の資産形成につながっています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット