超オンボロ物件をあえて買う。ゴミ屋敷、暫く空き家だった幽霊屋敷、廃墟のような物件など。いずれも、普通の投資家は汚くてひいてしまうような物件を購入し、リフォームのチカラで蘇らせる戦略。ボクも経験があります。それは立地が抜群だったのですが、見にいくともう朽ちかけているような状態、聞けば10年以上空き家だったそう。当然雨漏りはして畳は腐って歩くとズボズボです。でも、見えました。リフォームすれば必ず見違えるようになると。その場で手付けをうちましたが、不動産業者からも「勇気ありますね」とお褒めの言葉をいただいたほどでした(笑)。でも、今や超優良物件になっていますよ(リフォームコストもそれなりにかかりましたが)。もう少し状態がよかったら他の人に買われ自分は買えませんでした。ボロの装いで魅力が見えなくなっている物件はお宝です。見た目が汚いゴミ屋敷も同じです。みんな敬遠しますが業者に頼めば、相当ひどくても50万もだせばできれいにしてくれます。立地が良ければ絶対に買いです。

リフォームは不動産投資でとても大切です。重要なのは、どのくらいのコストをかければどのくらいきれいになるかということを勉強しておくこと。テレビの劇的ビフォーアフターはかかさず見ましょう(笑)。あと、ボロ物件の現地にいくときは、工務店の人にいっしょに行ってもらったほうがいいです。構造体はまだ大丈夫とか、リフォームの概算費用もその場でだいたいわかりますから。

リフォームは自分でお金を出さずやらないという手もあります。
DIYPというサイトでは、借りる人が好きなようにリフォームしていいですよという物件だけを集めています。世の中、自分で好きなようにリフォームして住みたい人もいるので、こういうところにオンボロ物件を出してみるのも手です。店舗をやりたいなんて言う人は少なからず改装は自分でやりたいはず。これからは、民泊への転用なんかもいいかもしれません。それから、ニッチ市場にはなりますが、美大生なんかは、アトリエや工房スペースがあるちょっと特殊な物件を借りたがっています。そんな物件の場合は、ピカピカにする必要はないので水回りなど最小限のリフォームで十分になります。

オンボロ物件の探し方は、土地のサイトにいって、「古家あり」条件で探すと引っかかってくることが多いです。

利点
・空き家率も上がっているので対象物件は潜在的には結構あるはず。
・あっと驚くような優良物件に化ける可能性も。

欠点
・リフォーム費用の軍資金が必要。
・構造体まで傷んでいる場合にはコストがかかってしまう。

関連記事: