借地権の物件を狙う戦略です。この場合も、借りる人は、その物件が借地権だろうが所有権だろうが関係ないですから、立地がよければ利回りのいい賃貸物件が作れます。また、普通の土地所有物件に比べれば、建物価値を大きく取れますので、減価償却費狙いの戦略としてもおもしろいです。ただ、物件数が少ないし、欠点も多いのでこれだけ狙うというよりも、出てきたときにいっしょに検討してみるといったスタンスでしょうか。

利点
・安く買える分、利回り的にはいいものが作れる。
・購入コストのほとんどを建物とみなし、減価償却費が大きく取れる。

欠点
・出口で苦労するかも(残りの借地期間が短くなってくると売りずらい)。
・融資がつきにくい。
・借地権の価値をどう評価するか定まった方法がない。

関連記事: