マイナー戦略、その三です。それは、区画整理事業や都市計画道路予定地にある物件です。予定地にある物件は、相場より値引きが可能だったりします。普通にマイホームを購入したい人は、こういうところは買いませんからね。ここに投資機会が生まれてくるのですが、問題は、いつ、例えば区画整理事業の決定がなされるかということです。もちろん、これは場合によっていろいろでしょうが、予想すら難しいケースもあります。でも、区画整理の場合は、事業が決まれば、家屋の移転補償金がもらえ、そして区画整理後の土地も手に入るので2重においしいわけです。だから、予定地内で購入した物件は、リフォームしてそれまで賃貸で回し、あとはひたすら果報を待つという戦略です。ボクはあえてやろうと思いませんが、一応、知識として頭に入れておけば、そういう物件情報が入ったときの検討のテーブルにのせることができます。

関連記事: