昨日の旗竿地の話とかぶりますが、再建築不可物件も一般には安く購入できますから、賃貸に出したときの投資利回りは高くなります。借りる人にとっては、再建築不可だろうが住むには関係ありません。物件が路地状の長屋形式でしたら、接道から2軒目がおもしろいかもしれません。将来、入り口の接道している隣家が売りに出て、それが購入できると再建築不可が解消となります。不動産価値は、合わせて相当上がることになるので、そういう場合は全力でお隣も買うべきと思います。この戦略のまとめ。

利点
・利回りの高い収益物件が作れる。
・駅近のような立地至便な物件でも予算内で探すことができる。
・土地価格を安く、結果、建物比率を高く設定できる(減価償却大)。

欠点
・銀行融資がつきにくい(ついても金額に限界あり)。
・出口での売却に時間がかかったり、売値を叩かれるリスク。
・全焼した場合、再建築できない(火災保険を目一杯かけてヘッジする)。

関連記事: