仮想通貨の税制、特に所得税関係はどうなっているのか調べてみました(個人の売買取引、仮想通貨間、または円との取引、そしてそこから生じる儲けを想定)。

結論的には、税務当局から、いまだ統一的な見解が公表されておらず、現段階では固まっていません。ただ、概ね以下の見解でいいと思います(歯切れが悪いのですが、税金の話なので、確定申告の時期までには、必ず税理士に確認してくださいね)。

・仮想通貨で生じた儲けは、
一般には雑所得に分類される(bitFlyerのHPでは、雑所得に加え、譲渡所得も示唆しています)。以下は、雑所得と想定した場合の話になります(投資税制では使い勝手が最悪の雑所得です)。

・儲けが20万円以上ある場合には、確定申告の義務あり(注:もともと確定申告が必要な人は20万円以下でも申告義務あり)。

総合課税、すなわち、所得に応じ累進税率が適用される。

・損失が出ても、他の所得と損益通算はできず、また繰越しもできない。

それから、いつの時点から納税義務が発生するかですが、もちろん、損益が実現したときです(含み益や含み損は課税されない)。また、その儲けは日本円にかえなくても、仮想通貨間の売買取引で利益が確定したら、税金がかかるということになるはずです。しかし、実務的には、詳細な取引記録を個人で管理していくのは、超面倒です。というか、たぶん普通の人には無理に近いものがありそうです。今後、取引所が取引記録を管理してくれて、各個人に年末に送ってくれたりするようになるんでしょうか。是非、そうなってほしいものです。そうでないと、年末は結構手作業のエクセルワークが必要かもしれません。