はじめに結論めいたことを言うと、資産運用の王道は、「長期投資」と「分散投資」、これしかないです。少なくとも、3年、できたら5年とか10年という、ながーいながーい時間をかけて、じっくりとしつこく運用します。
そして投資対象は、かならず複数の資産クラスに分けます。例えば、投資信託だったら、日本株、円債、外株、外債ファンドとか。まずは、手持ち資金をこんなかんじで分けて投資します。そして、できたら、毎月の積み立てにしてください。投資先の分散に加え、時間の分散もできるからです。運用というと、マーケットの上がり下がりをみて売り買いしなければいけないイメージがありますが、それは職業のディーラーかデイトレーダーだけです。われわれは真似しちゃいけません。途中、損が出れば、待ちましょう、何年でも、それくらいの覚悟を決めれば、いずれ、益に転じます。