魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

2018年03月

メガ発のコラムもよろしく!投資家の投資家による投資家のためのコラムです

今年から縁あって、メガ発のコラム欄で記事を書かせてもらっています。だいたい月に2本のペース。太陽光発電の物件サイトですので、投資を検討中の方や、これから購入予定の方に役立つ内容と情報を心掛けて配信していくつもりです。 

top[1]

ボクのこれまでの記事一覧です。よかったら、本ブログとあわせて、読んでみてくださいね!

1/30/2018
はじめに自己紹介を兼ねて3基も購入してしまった経緯をお話します!

2/9/2018
太陽光発電は、不労所得の王様です!

2/23/2018
太陽光発電はタリフ、だからボクは投資を決めた!でもタリフって何ですか?

3/12/2018
やってみてわかった!金融相場と連動しない太陽光発電は本当に頼りになるやつだ!

3/23/2018
やってみてわかった!サラリーマンの皆様にこそ、太陽光発電をやってもらいたい5つの理由

コラムニストの皆さんは、実際に投資されている方ばかりですので、体験に基づいた生きた情報です。太陽光発電は、基本、誰がやってもほぼ同じ結果が出るという再現性の高い投資なんですが、やはり独自のリスクや運営ノウハウも多少はあります。運営日記風に売電記録や発生したアクシデントなどが綴られていたり、自分で開発されている方のプロセスなども掲載されていて、投資家の生の声が聞ける場となっています。

昨日のボクの発電所たち 3/30 発電量 1,208kWh(売電金額 34,325円)
三重第一発電所 436Wh(11,305円)
三重第二発電所 423kWh(10,951円)
千葉発電所 349kwh(12,069円)

投資型分譲案件なら「メガ発」、業界最大級の案件数!

原発200基分!ソフトバンクがやってくれました、サウジとの太陽光発電計画

スケール違い過ぎ!世界最大の太陽光発電会社になるそう。本当に、孫社長は世界に出して恥ずかしくない日本の経営者の一人。とにかく、いつもThink Big! テスラのイーロン・マスクもスゴイですが、孫社長も負けず劣らずですよ。世の中を変えるには、やはりビジョンの大きさと極める高さがなければね。尊敬しています。

原発200基分!ソフトバンクとサウジが21兆円の太陽光発電計画 | NHKニュース


bsj1803290500004-f1[1]

そうか、考えてみると、砂漠というのは、太陽光発電にとって最高の環境なんだね。日射量があって、土地はフラットでさえぎるものもない。今後、蓄電技術が発展してきたら、石油に代わって電気が輸出できたり、簡単に移送できるような時代がくるかもしれないね。

昨日のカブ発電所 3/29 発電量 1,125kWh(売電金額 31,993円)
三重第一発電所 403Wh(10,445円)
三重第二発電所 392kWh(10,160円)
千葉発電所 330kwh(11,388円)

当ブログでは、メガ発タイナビ発電所を太陽光発電物件サイトとしておすすめしています。投資検討の際は会員登録から。こちらから、問い合わせをしない限り、業者からの営業はありませんのでご安心を。物件の探し方は、以前の記事を参考にしてみてください。

関連記事:
【保存版】やってみてわかった太陽光発電投資 その一 物件の探し方

今年は羽生先生のように「手渡し」してみるか!? 将棋の教えから学ぶ、投資の極意

将棋の羽生竜王の得意技に「手渡し」というのものがあります。簡単に言うと、最善手が難しい局面で、自分は一見、緩手と見えるような手を指して、相手のミスを誘うという高等戦術。自分からひたすら攻めるのではなく、相手が崩れるのを待つ。何より実力がないとできないし、勇気のいる老獪な戦法。たぶん、他の勝負事にも同じような極意があると想像しますが、なかなか奥深いですね。

今年は、ちょっと難しい相場になりそうなので、ボクも羽生先生のように「手渡し」してみようかなと思案中。いやいや、キミの場合は、手が出せないだけでしょという声も聞こえますが、まあ、その通りです(笑)。つまり、難しい相場なので、自分からがむしゃらに攻めていかない。冷静に相場を観察し、勝ちやすい局面になったら出ていく。神代先輩もそう言っているしね。


IMG_3017
出典:インベスターZ

そして、こういうときは、断然、積立がいいですよ。相場の一喜一憂には我関せずと、淡々と仕込んでおく、そんな時間にしましょう。ボクは積立マニアなので、各種実践中。昨年12月にまとめた記事があるので参考にしてみてくださいね。

ブログ記事 12/15/2017
不労所得のマイランキング2017!積立系投資



昨日のカブ発電所 3/28 発電量 1,054kWh(売電金額 29,871円)
三重第一発電所 382Wh(9,901円)
三重第二発電所 378kWh(9,797円)
千葉発電所 294kwh(10,173円)


あれっ、いつのまにかあげているぞ、サイバーエージェント!

個別株は得意じゃないので、ほとんどやりません。現在の保有は5銘柄、400万弱。正直、どれもあまり考えずに、ただ何年もホールドの状態です。昨年まで、金融に勤めていたので、個人の株売買が超面倒だったということも大きな理由。

先日、日経平均が1000円下げた日、自分の持ち株の下げ具合をみてみると、あれま、サイバーエージェントが爆上げしているじゃないですか。2月ごろはたしか4000円ちょっとだったのが、3月に入ってスルスルと上がって5500円あたりまできていました。

ogimage[1]

株価上昇の背景ですが、以下はネットで拾った情報。Abema TV事業の成長拡大が評価されているようですね。ボクがスマホでみているぐらいだもんね。最近は、コインチェックの記者会見を放送してくれてとても役に立ちました。

JPモルガン証券では、投資判断「オーバーウェイト」を継続し、目標株価を4200円から6200円に引き上げた。注目される「Abema TV」は、レギュラー番組の充実やそれに伴う着実なユーザーベースの拡大、収益モデル多様化のための取り組み積極化など、収益化に向けた中期的なビジビリティは改善しつつあると評価。同事業の営業損益は19年9月期の114億円の赤字から、20年9月期には32憶円の黒字に転換すると見込んでいる。

サイバーエージェントは、10年近く持っているけど、ボクの数少ないテンバガー体験でした。今年は難しい相場だと思うので、資産運用上、現金比率をあげておくのも手かと思案しているところ。そろそろ部分売却も考えてみるかな。


昨日のカブ発電所 3/27 発電量 887kWh(売電金額 25,519円)
三重第一発電所 307kWh(7,959円)
三重第二発電所 285kWh(7,387円)
千葉発電所 294kwh(10,173円)


融資をキャンセルにした銀行が今度はカードローンをすすめてきた!

会社をクビになって定職についていないボクは、世間体には「無職」か「失業中」、または「職業不詳」なんだろうね。個人投資家って、普通、職業欄にはないもんね。

00c7688e52ceaeeb398604a805cd3f10[1]

以前ブログでも書きましたが、昨年、運悪く、退職のタイミングで銀行借入の予定がありました。すでに審査は半年前に通っていて、融資実行日を待つだけという状態でしたが、その間に、会社から戦力外宣告がきてしまったというわけです。正直、銀行にこのことを言うか言わないか迷いました。しかし、あとから虚偽の申告だったとか言われるのも嫌だったので、銀行には退職の報告をしましたよ。結果ですか。はい、数時間後には融資はキャンセルになっていました(笑)。審査にあれだけ時間がかかったのに、こういうときは早いです。

ところが、昨日、その銀行様からボクの携帯に直々にお電話が。聞けば、カードローンのキャンペーン中で、口座を持っている私は電話口でも借入が申し込めるのでいかがでしょうと、大層、熱心にすすめてきます(そう、借入の審査が終わってから、口座を開いておいたのでした)。

そこで、ちょっと意地悪にこう言ってみました。

「昨年会社をクビになって失職中の身です。助かりました。それではお願いします!」

銀行様、さすがに一瞬固まるも、こう展開。

「そういうご事情があるにも知らず、失礼いたしました。何かアルバイトでもいいので定期収入があればお貸しできるのですが。。しかし、ない場合は申し訳ありません。難しくなります。」

そうでしょう、貸せるわけないですよね。お金貸します、いや、貸せません、が半年前。半年後の昨日が、カードローンなら貸せます、いや、やっぱりダメです、どっちやねん!ってかんじです。もちろん、知ってますよ。銀行の組織が縦割りで、ボクが退職したことをカードローンの担当者は知らなかったというだけですね。

いい機会なので、口座のほうは、近日中に解約しておくことにします。

関連記事:
会社を辞めてわかった4 銀行さん、さようなら、これまで、ありがとう!

昨日のカブ発電所 3/26 発電量 1,106kWh(売電金額 31,356円)
三重第一発電所 403kWh(10,453円)
三重第二発電所 389kWh(10,092円)
千葉発電所 313kwh(10,811円)


  • ライブドアブログ