魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

2018年02月

PV Expo 2018に行ってきます!

今週は、PV Expo 2018(2/28-3/2 東京ビッグサイト)に行ってきます。前から行ってみたかったのですが、いつも平日開催なので、サラリーマン時代には行けませんでした。何か新しい製品や動向があれば、ブログで紹介しますね。同時に、太陽電池、風力発電、バイオマス発電などの展示会もやっています。時間があれば、回ってきます。

入場料は一応5000円となっていますが、事前に申し込めば無料招待券がゲットできます。興味のあるかたは、下記サイトの招待券申込(無料)からどうぞ、手続きは簡単です。

太陽光発電システム施工展


IMG_2777

最近のよろしくないことリスト、マイペースが大事と言い聞かせる

去年は投資に関してはいい年で何をやっても儲かった相場だった。今年もこれが年央ぐらいまで続くだろうなんてぼんやり思っていましたが、始まってみると、仮想通貨に続き、株も暴落、それに予想外のネガティブ・インシデントが目白押し。ということで、ボクにとっての、ここまでのアンラッキーな出来事リストです。

コインチェックNEM流出事件(1/26)

NEMの保有は約5万円、CCアカウントは全部で140万円(事件発覚当時)。NEMは88円換算で日本円になって戻ってくるそう。現在、NEMは40円あたりなので、この点はラッキーなんでしょうか。残りの保有通貨はどうなるのか、取引は再開されるのか、会社は大丈夫なのか、いろいろ不安要素はありますが、ボクは基本楽観しています。
当時のブログ記事:

仮想通貨、下落トレンド止まらず

これが目下の心配事。仮想通貨が将来どうなるのか、正直わかりません。でも、ここ1~2年でなくなるようなことはないだろうし、いずれまた盛り上がるとみています。なので、毎月Zaifでひたすら自動積立(10万円)を継続中。絶好の仕込み時期になっているはず。

米国株・日本株の暴落(2/6)

アメリカの長期金利の上昇を警戒し、ダウ平均・日経平均ともに暴落。だれもが、いつかはくるだろうと思っていた調整、でも時期はサプライズだった。ボクも外国株や日本株、まあまあ各種持っているので、時価残高は結構下がったはず。2月末の残高報告でレポートしますね。

クラウドバンク、一部ファンドの運用期間の延長を発表(1/31)

太陽光発電の一連の案件で、1か月の償還遅延が発生。ボクの場合、4件40万が引っ掛かりました。でも、昨日のブログで報告したように、出資金は全額、無事に戻ってきました。
当時のブログ記事:

ラッキーバンク、証券取引等監視委員会(SESC)からの行政処分勧告を発表(2/20)


これは驚きました。ボクはラッキーバンクに約180万投資しています。SESCの勧告内容を読むと、ちょっとヤバそうな印象を受けたのですが、発表前日の2/19に、ラッキーバンクは通常通り案件募集をしていますので、この時間軸を見る限りシリアスなものではないと勝手に思いました。SESCの検査自体は相当前に入っていたようですから、指摘事項の伝達は内部的にはとうに終わっていたはずです。その状況下で、案件を継続募集していたというわけですから、ビジネスの根幹を揺るがすような問題ではなかったと勝手に考えています。

あわてない、あわてない!
imagesS5R7PEGS

【今週の注目物件】利回り11.78% 過積載70.2kW 千葉県長生郡

利回りの11%越えの関東エリア物件がメガ発から出ています。まずは、概要です。

・所在地 千葉県長生郡
・システム容量 70.2kW
・売電単価 24円/kWh(税抜)
・販売価格 2144万
・想定利回り 11.78%
・連系予定 2018/5
・土地契約 売買
・物件番号 29819

IMG_2776
場所は千葉の長生郡、このあたり一帯は、太陽光発電銀座です。日照量は問題ないでしょう。関東圏で利回り11%台後半。なかなか良さそうな物件ですが、確認しておいたほうがよい点も付け加えておきますね。

注意点
1. 連系負担金が含まれていません(別途請求となっています)。
2. 契約金1000万、着工金500万(初めに結構入れるようです、融資が使えるかも不明です)。
3. 海岸線からの距離、九十九里エリアはどこでもそうですが、フラットな砂丘地域なので。

興味がある方は、会員登録をして販売業者に問い合わせてみてください。



今年からボクが注目する太陽光発電物件を紹介しています。基本、タイナビ発電所メガ発に掲載されている物件から選んでいます。ディスクレーマーとして、以下の点をご了承ください。
・原則、サイト上の掲載情報のみで判断しています。
・物件の実地確認や業者へのコンタクトはボクからは行っていません。
・既に申込者がいたり、または売り切れになっている可能性があります。
・興味のあるかたは、各自サイトに登録し、各自の責任のもと最終判断をしてください。

【続報】クラウドバンク、ドキッとしたけど大丈夫そう、あんまり驚かさないでね!

2/3のブログ記事(クラウドバンク一部案件に関する出資金の償還遅延)の続報です。

結果は、大丈夫でした。

出資払戻金は、2/22をもって全額戻ってきていることを確認しました。運用期間延長による利息の分配もあり、まあ結果オーライ。

登記手続きの遅れが原因という説明でした。素直に読めば、事務手続きの問題で、ビジネス上の何かシリアスな事由ではなかったわけですが、ちょっとドキッとしましたね。最近は、ラッキーバンクの件(証券取引等監視委員会の勧告)もあり、このソーシャルレンディング業界もいろいろ出てきました。新しい業界だけに、成長痛はまだまだあると思いますが、投資家保護のプラットフォーム作りに向け、進んでいってもらいたいですね。


関連記事:
 


クラウドバンク、ボクの投資額は現在、約90万、1万円から投資が可能

太陽光発電、中古物件はなかなか出てこないね、その理由は?

先月、中古物件も投資対象として十分ありという記事を書いたのですが、実際のところは、中古はほとんど出てこないですね。今日調べてみたところ、メガ発で6件、タイナビではたったの3件しか中古物件を掲載していない。3月の法人決算期に向け、利回りのいい物件が少しは売りに出されるのではと期待していたのですが、どうやら空振りのようです。タイナビも発電所オーナー向けにWeb査定診断サービスを始めているのですが、なかなか売り物件が集まらないようです。とにかく太陽光発電は、持っていて手間がかからないですからねえ。不動産賃貸と違って、空室リスクもないので、よっぽど資金繰りに困っていない限り、そのまま持っておこうという選択肢になるのだと思われます。
924fa36ef95481041f9a7a5d7663a972_t[1]
不動産投資と比べて、太陽光発電の投資上の大きな違いは、出口部分です。不動産投資においては、出口戦略、平たく言うと最後いくらで売るかがメチャメチャ大事。ここで投資の成否が決まってきたりしますが、太陽光発電の場合は、出口ではキャッシュフローをほとんど生まないので、あまり出口戦略は関係ないです。逆に言うと、だからこそ、いったん購入するとFIT20年間はキープしておこうということになるのかもしれません。ボクも今のところは20年のホールド戦略です。

パワコンの寿命が10年と言われていて、費用も数十万かかるそうなので、中古市場が盛り上がるとすれば、このパワコン取替え時期を意識する7~8年後なのかもしれません。

関連記事:


太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは無料会員登録から。 
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所
  • ライブドアブログ