魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

2017年11月

シートベルトをお締めください、仮想通貨ジェットコースター相場のサバイバル戦略

昨晩のビットコイン相場は大変だったらしいですね。Coincheckでは瞬間風速で80万台まで落ちたそう。120万台からですから、大暴落ですね。前回のブログで暴落もありますよと書いたとたんでした。これからも暴落はちょくちょくありますから、やる人はしっかりとシートベルトを締めて運転してください。また、そのあとのリバウンドもスゴすぎましたね。あっという間に戻りました。今は、また120万に戻そうかという勢いです。ボクは1日1回ぐらいしかプライスはチェックしないので、実は、さっきまでこの暴落を知らなかったというお気楽な投資家です。Twitterをのぞいたら大騒ぎになっていました。
IMG_2447
こんなジェットコースター相場でトレードするのは、まさにカジノです。この世の中、こんなにドキドキワクワクさせてくれるものってあまりない、そして、投資には多少のアドレナリンがないと面白くないのも事実。しかし、やはり、短期のトレードはやめておいたほうがいいと思います。それから、ビットコインFXも、これだけの値動きがあれば、普通にロスカットを食らってしまいます。朝起きたら残高がなくなっていたなんていうことも十分ありえます。

なので、仮想通貨はあまり熱くならずに、淡々と地味に自動積立が一番いいです。ボクといっしょに数年後に大きな果実を刈り取りませんか。そのためにも、市場からまずなくならないだろうビットコインとイーサリアムを中心に長期にしぶとく積立てるロングの戦略でやっていきますよ。

関連記事:



仮想通貨を地味に攻めたいなら、自動積立ができるZaifがおすすめ!

東西横綱が大変なことに!仮想通貨の話です

ボクは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を、仮想通貨界の東西横綱と呼んでいます。まあ、ボクの勝手なイメージではありますが。しかし、この二つの暗号通貨が、仮想通貨史上(といっても数年ですが)、時価総額の1位と2位と占め、市場を牽引してきたのはまぎれもない事実。そして、その両横綱が、今、まさにフィーバー状態。
46db185cc40fb86ade9207c023dd5116_t[1]
最近の価格ですが、ビットコインはついに100万を越え、イーサリアムも先週から急騰、5万を越えています。バブルですね。ボクのポートフォリオもいつの間にか200万を越えています。でも、いずれまた暴落もするでしょう。そんなふうに、値を踏み固めながら、しばらくは上がっていくと思っています。どこまで上がるか?、全然わかりません。でも、仮想通貨がまだ黎明期というのは間違いなく、カッコよく言うと、その市場の成長を楽しみにみていきたいです。

ボクの投資スタンスは、お祭りなら参加してみようというものです。でも、こんなジェットコースター相場でトレードする自信はまったくないので、コツコツと毎月の自動積立です。今の相場では、こんな地味な積立でも残高は十分伸びていますし、積立で下落リスクの耐性も高めてくれますので、だいぶ安心です。例えていうと、ディスコ(古い!)のステージで、みながスポットライトにあたって踊っているなか、ボクはテーブル席で静かにお酒を飲んでいるイメージです(笑)。フィーバーの雰囲気はいっしょになって味わいたいから。

仮想通貨の毎月積立ですが、取引所のなかでは、現在、唯一Zaifがやってくれます。ボクは、以前から、ビットコインとXEMの積立をやっていたのですが、最近、イーサリアムもできるようになりましたので、申し込んだところです。

しかし、この宴はいつまで続くのでしょうか。後世、間違いなく「仮想通貨バブル」と呼ばれる年になるんでしょうね。そして、バブルはいつかははじけることを意識して、逃げ遅れないよう、撃沈しないよう、用心しながら楽しんでいきますね。

関連記事:



仮想通貨を地味に攻めたいなら、自動積立ができるZaifがおすすめ!

ソーシャルレンディング投資をする人に共通することは?

ボクも最近ソーシャルレンディングには、かなりアクセス踏んで投資しています。おそらく当面は案件のデフォルトも起こらないだろうとみていて、地価も景気も、東京オリンピックまでは、なんとかこの状態でいってくれるはず。もちろん、直下型大地震のようなリスクは、いつでもどこでもあります。しかし、こればかりはどうしようもなく、気になってしまう人は不動産系の投資はやめて、違うことに時間を使ったほうがいいですね。

さて、ボクも他の方が書いているソーシャルレンディングのブログ記事は、当然、参考にさせてもらっていますが、投資をしている人たちに、共通しているプロフィールがいくつかあることに気が付きました。今日はそれをステレオタイプ的に書いてみようと思います。ボクの独断も含まれていますので、そのへんはご容赦を。

既にかなりのキャッシュを持っている
まあ、当然と言えば当然です。ソーシャルレンディングの利回りは平均で5~6%ぐらいでしょうから、100万の運用で、年5万ちょっとにしかなりません。とすると、やっぱり投資資金は、少なくとも数百万、できれば1000万以上欲しいですよね。従って、ソーシャルレンディングをやっている人は、これぐらいの資産層がメインになってくるのでしょう。

属性としては、40代・50代の会社員
そろそろ定年や早期リタイヤを意識し始めた人が多い気がします。会社にも疲れてきたし、先も見えてきた(失礼!)。貯金はそこそこある。でも、家庭はあるし博打は打ちたくない。リスクをそれほど取らず、毎月の生活費ぐらい稼げる投資はないかなという人たちです。ソーシャルレンディングは、昼間、会社がある人でも、それほどハンディキャップにならずにできますしね。

お金の管理ができる人
しっかりとお金の出入りを管理できる人たちですね。おそらく、株などで一攫千金を得たのではなく、コツコツと長い時間をかけて、お金を貯めてきた人が多いのではないでしょうか。だからこそ、運用もインカム狙いのほうがお好みなんだと思います。

理詰めに納得したうえで投資する
大事に貯めたお金ですから、ちゃんと勉強しリサーチしてからやる、こういうポリシーの人たちです。沈着冷静で金融リテラシーも高いです。勢いで投資するのが嫌い。たぶん、仮想通貨やFX投資なんかは合わないんでしょうね。

ソーシャルレンディングに集中投資
ソーシャルレンディングは、個人投資家が手を出せるなかで、唯一と言ってもいいぐらいのミドルリスク・ミドルリターン商品で、かつ相場リスクのない商品です。これは、結構、独自のポジショニングになりますね。それと、この投資である程度の収入を得ようとすると、投資金額のボリュームが必要です。結果として、ソーシャルレンディングへの集中投資になるのでしょう。

ボクはどうかというと、これらのプロフィールに近い人だと自分では思っています(ソーシャルレンディング残高は、11月末ではたぶん1000万以上)。でも、ボクは浮気症でいろいろな投資商品に手を出します。そして、もう少しリスクを取りたいタイプで、投資には、ワクワクドキドキ感も必要と思っている人です。なので、ソーシャルレンディング一途の方からみると、不良投資家になると思いますよ。ブログを読んでいただいている皆様、そのへんを理解したうえで記事を参考にしてくださいね(笑)。

関連記事:



安心のSBIグループ、SBLソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

不動産案件に特化したマザーズ上場のオーナーズブック
OwnersBook

海外の高利回りファンド等、ユニークな案件が多いクラウドクレジット


人気あります、担保付き高利回り案件のラッキーバンク
ラッキーバンク

再生エネルギー案件に強みのクラウドバンク
クラウドバンク

もうすぐ師走、税理士先生に会おう!

今年も早いものでもうすぐ師走。師も走るのが師走とお決まりの枕詞はどうでもいいのですが、われわれ個人投資家の師と言えば、なんといっても、税理士先生です。今年から、何か、新しい事業、投資、副業などを始めた人、つまり新しい所得が発生した人や、税務上のステータスの変更(消費税の課税業者になるならない等)を検討している人は、年を越す前に一度、税理士先生に会って確認しておきましょうという話です。年末ギリギリは、お互い大変ですから、気になる人はそろそろ連絡してみたほうがいいですよ。
53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_t[1]
税務の各種届出書の期限は、結構、トリッキーですよ。例えば、個人事業主の場合、消費税の各種届出書は、12月31日までに提出する必要があります。つまり、適用を受けようとする課税期間の開始の日の前日までに納税地の所轄税務署長に提出することになっているんです。要は、課税業者になろうとしたら、前の年に届けないといけないのです。ボクも以前、大汗を書いたことがあって、この消費税関連の届出書期限を知ったのがクリスマスを過ぎたころ。12月28日のお役所の仕事納めの日に駆け込みで提出したことがありました。提出日が1日違うだけで、1年効力開始がずれてしまうのですからこわいですね。

参考:国税庁
No.6531 新規開業又は法人の新規設立のとき

それと、あとは、経費関連です。要は、何が必要経費として認められるのか。最後は判断の部分も結構あります。攻めすぎて、あとで調査でもっていかれるのは最悪ですから、やはり、税理士に事前相談されることをおすすめします。基本、税理士は、顧客意識が強くわれわれの節税観点から考えてくれますので、税金分野のの弁護士と思ってお付き合いしてください。

千葉発電所、ついに連系日決まる!

延び延びになっていた千葉の太陽光発電所の連系が今月末日にやっと決まりました。いやー、うれしいです。当初の予定から、かれこれ半年以上遅れたことになります。
aa60d61d1605c6b1de78b40da8e81f82_t[1]
詳細の仕様はこんなかんじです。

パネル出力 68.0kW
パネル JNMP72-320 X 200枚
発電出力 49.5kW
パワコン オムロン KP55M2-14 9台
予想発電量 83,179kWh/年
売電価格 34.56円(税込)
売電収入 287万/年(税込)

ランニングコストとしては、保険料、保守管理費用、設備償却資産税、土地固定資産税等々、かかりますが、毎年のキャッシュフローはおよそ240万、月平均で20万になります。我が家の稼ぎ頭の一人として、これからがんばってもらいます。

今回は分譲タイプ、区画全体で約30区画あり、土地は所有型となります。パネルメーカーが計画段階では不明でしたが、結局、中国製(Jinergy Clean Energy Technology)になったようです。昨年、三重の発電所を購入するときは、太陽光投資が初めてだったので、メーカーや製品も結構調べて、最終的に国内系のソーラーフロンティア(昭和シェル石油の100%子会社)を指定しました。しかし、ちょっと乱暴かもしれませんが、今は、どこのメーカーでもいいかという気持ちです。結局、分譲物件だったら売り出し価格は利回り10~11%で調整されてくるので、投資目線では同じです。また、太陽光パネルは、既にコモディティ化していますので、選択の条件があるとすれば、今後、市場で生き残れるメーカーを選ぶということでしょうか(しかし、これもわからないですよね)。保有している間の発電量や発電効率も、どこのメーカーでも、今では50歩100歩だと思います。

それより大事なのは、業者の信頼性とサービスの継続性です。今回の業者は、東証JASDAQ上場会社のグループ会社で、担当の方もとても優秀でした。太陽光投資は、この業者選び(というか出会い)、これが一番大事なような気がします。知り合いから紹介してもらえればいいのですが、ボクみたいに友人が少ない人は、タイナビのようなサイトに登録し、そこでいいと思った物件があれば問い合わせ、実際に会って探すしかないです。いい業者に出会れば、物件のほうはなんとかなるはずです。

投資家がこぞって無料登録→土地付き太陽光発電投資物件検索サイト【タイナビ発電所】

  • ライブドアブログ