魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

2017年09月

会社を辞めてわかった3!健康保険料も高いんですね

昨日は年金の話、そして今日は健康保険の話です。会社を辞めた場合、健康保険には二つの選択肢があります。個人で国民健康保険に加入するか、勤務していた会社の健康保険を任意継続するか。どちらか選ばないと、医療費は全額自己負担となってしまいます。ボクは結局、任意継続のほうを選びました。一番の理由としては、病気や入院の際の付加給付が会社の健康保険のほうが大きかったからです。

保険料は、家内と二人で月に約48000円です。結構高い!これまで給与天引で把握してなかったのですが、今までは会社が半分も負担してくれていたんですね。健康保険もまとめて前納すると割引になるそうで、来年3月まで払いました。約30万です。退職すると何かと支払いが増えるかんじ(笑)。

今回、会社をやめてわかったこと。

・これまで、健康保険は会社が半分負担していた。
・退職後、任意継続すると自分で全部払うことになる。
・任意継続は2年の期限がある(組合によって違うかも、その後は国民健康保険に加入)。
・会社の健康保険は、扶養家族が何人いても保険料は同じだった(初めて知った)!
・これに対し、国民健康保険は、加入する人数分の保険料を納める必要がある。

いやー、会社員というのは、結構優遇されていたんですね。辞めて初めてわかりましたよ。
c111f3527836a5372cef0580dabcc72d_t[1]
関連記事:



会社を辞めてわかった2!国民年金の保険料がこんなに高いとは

これまでサラリーマンしかやってこなかったので、年金保険料はすべて給与天引き。正直、会社員時代に毎月いくら厚生年金保険料を払ってきたのか、ほとんど意識してきませんでした。今回、退職し国民年金に切り替えるため、区役所に行って手続きをしてきたのですが、そこで、驚いたのが保険料です。月額は一人16,490円。年齢や所得に関係なく全国一律です。家内の分と合わせると、毎月約3万3千円も払うんですね。聞けば、まとめて前納にすると割引がきいてお得になる。じゃということで、半年分を前納にしてもらい、二人合わせて20万近くの出費となりました。

今回、会社をやめてわかったこと。

・会社員時代は家内の分がタダだった!扶養されている妻は、厚生年金制度全体で支えられていたんだそう。知らなかった。

・自分の分は、会社が半分負担してくれていた(一応知ってはいましたが、意識していませんでした)

しかし、あらためて、会社員時代の厚生年金記録をみると、実際には国民年金よりもっと払っていますね。つまり、高い高いと騒いでいますが、そうではなくて、給与天引きから自分の財布払いになって、あらためてコストを認識したというわけです。

しかし、年金制度はなんでこんなに難しいのでしょうか。ここからは自分の備忘録データになります(忙しい人は読まないでください)。最近のねんきん定期便によれば、これまでの加入条件が60歳まで続くと仮定したら(つまり会社をクビにならずそのままいたら)、次のようなシュミレーション結果になっていました。

まずボクは64歳から老齢厚生年金がもらえる。これが年123万。そして、65歳からは老齢基礎年金というのが加わって、こちらが年74万、なので私の分が計197万。家内のほうは、62歳から老齢厚生年金が4万、65歳から老齢基礎年金が70万加わる。だから、世帯としては、65歳になれば年271万もらえることになっていたようです。月平均にすると23万ですね。

ところが、ボクは60歳に至る数年前に厚生年金をやめて、今回、国民年金に切り替えたわけです。そうすると、おそらく、このシュミレーション結果より数字は落ちるんでしょうね。どのくらいかがわかりませんが。あと、アメリカの年金が少しだけもらえることになっています。これはおまけ。

ちなみに、ボクははこれまで34年間で計1600万の保険料を払ってきています。とすると、せめて元をとるには、たぶん7年ぐらいは年金受給時代を生きる必要があるようです(つまり65歳からもらうとすると、72歳までは生きる)。

e1bd60ee64c32418286886fb8f048a98_t[1]
本日の太陽光発電量
三重第一発電所 346kwh(売電金額 8,968円)
三重第二発電所 324kwh(売電金額 8,398円)
まずまずですね。

月100万の不労所得の内訳、こうなるはず!

ブログのタイトルに月100万と入れた以上、これを書かないとフェアじゃないですね。もちろん、これから毎月の実績を公開していきますが、とりあえず、こんな構成になります。一部は、これからの投資があったりして、まだ計画値が含まれています。実現しないようだったら笑ってくださいな。でもがんばります!

太陽光発電 45万
合法民泊 35万
不動産賃貸 5万
ソーシャルレンディング 5万
株式配当金 5万
資産運用系(投信積立・ロボアド・仮想通貨等) 5万

大雑把にこんな感じになるはずです。数字は経費を差し引いたネットベースです。太陽光は3基目の連系が大幅に遅れているので、このペースになるのは11月からです。合法民泊もスタートしたばかりなので、まだフル稼働していません。このぐらいになるのは数か月先とみています。ソーシャルレンディングは今月からの投資ですので、このレベルになるのは半年後ぐらいでしょうか。それから資産運用系のところは、含み益もカウントした数字です(それ以外はキャッシュフロー)。

以下、少し補足。

太陽光発電:三重に2基発電所があります(パネル70kW X 2基)。来月中旬から追加で千葉の発電所が連系。こちらは、68kWですが、買取価格が34.56円なので、売電収入は年間290万を予定しています(月の平均は24万)。さらにもう1基ほしいのですが、無職のおじさんなんで、もう融資がひけません。サイズにもよりますが、キャッシュ買いはちょっときつい。どうするか、考え中。

三重発電所のシステム詳細は以前のブログ記事を参照↓


合法民泊:関西エリアで今年から開始しています。旅館業もちゃんと取得しました。稼働率は月によって結構ばらつきがあるかもしれませんが、将来のエース候補です。まだまだデータ不足ですが、インバウンド需要をうまく取り込んで伸ばしていきたいと思っています。

不動産賃貸:神奈川にある区分マンション1室を賃貸しています。間取りは2LDKのファミリータイプ。築年数の古い物件です。管理費が高めでネットのキャッシュフローはこんなもの。

捕らぬ狸の皮算用にならないでね!(信楽のタヌキ君よりメッセージが届きました)
00e0558f7fea19dcb745beae3bffd994_t[1]

久々のきれいなピークカットで気持ちいい!本日の三重発電所

最近どうもお天気がぱっとしないようで、いまいちの発電量が続いていたのですが、今日は気持ちよくピークカットの台形を描いてくれました。お昼前後、だいたい10時ぐらいから2時ぐらいまで、棒グラフの先っぽがまっ平らに切れていますよね。ここがピークカットと言われるところです。パワコンの容量以上に発電してしまい、ピークを超えたところで発電が切り捨てられる現象です。実にもったいないのですが、快晴の日で発電が快調だったときににしか見られないのです。日もだんだん短くなってきて、そろそろ400kWh/日は難しくなってきたようですね。

第一発電所 発電量 392kWh(売電金額 10160円)

9252017_2

第二発電所 発電量 367kWh(売電金額 9512円)
9252017_1

毎日、タイナビとメガ発で物件チェックするのが、ここ数年のボクの日課。太陽光、実は結構好きです。

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
業界最大級の物件を掲載!メガ発

会社を辞めてわかった1!退職金の税金の話、あまりおもしろくないので簡単にまとめます

退職金をもらいました。まちがいなく、人生最後の退職金なので、自分の備忘録のためにも税金の話をしておきます。ブログを読んでいただいている多くの皆さんにはまだ関係ないでしょうが、一応、将来の参考情報です。

ボクも退職金の税金なんてこれまで気にもしてこなかったのですが、実際に退職金をもらってみて、会社の計算が間違っていないか(笑)自分で確かめてみて初めてわかりました。こんなかんじです。

・退職金にかかる税金は分離課税で、税負担の軽減が図られています。
・具体的には、退職金からまず控除できる金額が結構あります。
・大雑把に言うと、控除額は1年で40万です(勤続年数が20年以下の場合)。
・例えば15年働いた人は600万(40万X15年)も、退職金から控除できます。
・そして控除後の金額をなんと半分!にすることができます。
・退職金を2000万とすると、課税所得は700万まで圧縮されます(=(2000-600)X0.5)。
・税金の計算は、この700万が対象となり、ここに所得税が課せられます。
・結果としてこの場合、税金は、所得税100万、地方税70万、手取りが1830万です。

まとめると、退職金が2000万出ても税金は700万で計算します。さらに、分離課税ですから、他に所得があっても、それらとは合算せず別ポケットで計算するので、税率はあまり上がらないことになります。ということで、重税感はそれほどではないのですが、逆に言うと節税やらそういう工夫の余地はほとんどありません。もちろん、事業所得なんかで大きなマイナスが出れば最終的にはぶつけることができるのでしょうが、損益通算の優先順位が低いので普通はあまりないんでしょうね。

ネットには高精度計算サイトなんかがあります。参考にしてみてください。あっという間に一発計算してくれますよ。
5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_t[1]


  • ライブドアブログ