魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

2017年08月

ブログを一新します

ブログを始めて3か月たちました。初めての試みでしたが、やってみるといろいろなことがわかりました。反省点もたくさんあります。そして、これまで、ある理由から自分の運用方法や結果についてはあまり具体的に書いてこなかったのですが、近日中にブログを一新し、同時にもっと役立つ情報を発信したいと思っています。

具体的には、

・ブログタイトルを変更します(気分一新です!)
・自分の収入や資産内容も開示していきます
・アフィリエイトを貼ります
・メールで質問などに答えるようにします

アフィリエイト収入は、この低PV数なので、まったく期待はしていません。しかし、ブログを書くのは、これはこれで結構時間が取られることもわかったので、自分の労働対価にします。

それから、読んで何か質問したいとか内容が間違っているなんていうときにはメールでコミュニケーションが取れるようにしておきます。

COMSA ICO テックビューロ経営陣の略歴を調べてみました

COMSA ICOの関係者について調べてみました。まずは、テックビューロ経営陣の略歴です。情報ソースは、過去に所属されていた団体等で公開されているものから取りましたが、いわゆるネット上の情報も入っています。内容の真偽については当方で確認していませんので、ご了承ください。COMSA ICOに投資をする以上、関係者の経歴ぐらいは自分で調べておこうと思ったのがきっかけです。

朝山 貴生 
テックビューロ株式会社CEO
1975年、兵庫県生まれ。関西学院大学卒業。在学中、有限会社あさやまかんぱにぃ(現株式会社Overtex)を起業し、1997年にはシリコンバレーに渡米。インターネット通販、ウェブデザインサービス、アフィリエイトシステムの開発とライセンス販売、コミュニティ運営、クレジットカード決済サービス、電子書籍アプリケーションの開発販売などの事業の立ち上げ、運営および売却を行ってきた。2014年にテックビューロを設立。

Jaguar0625 テックビューロ株式会社mijin CTO
NEMのコア開発者、その他詳細情報は不明でした。

細井 良祐 テックビューロ株式会社 Zaif CTO
1971年生まれ、1993年、立命館大学卒業。大学卒業後は、メーカー系SI会社に勤務後、渡米。シリコンバレーのスタートアップ企業に入社。その後は、日本のベンチャー企業で技術系の取締役として勤務。フリーのエンジニアを経て、現在に至る。

福永 充利 テックビューロ株式会社 CMO

大阪学院大学卒業。2001年よりモバイルビジネス(ケータイビジネス)の面白さにはまり、モバイル関連ビジネスの立案と推進に従事。2005年には、業界初のマーケティングソリューション分野における業界団体、モバイルソリューション協議会を設立。株式会社kazeniwa代表取締役社長を経て現在に至る。

八田 和信 
テックビューロ株式会社CFO
1998年、関西学院大学卒業。2004年、新日本監査法人(現シ日本有限責任監査法人)大阪事務所入所。2014年、八田総合会計事務所開業。2016年、テックビューロ株式会社 財務経理本部長就任。税理士、公認会計士。

Tom Beno 
テックビューロ株式会社 北米リージョンマネージャー
詳細情報は不明でした。

テックビューロは大阪にある会社なので、経営陣も関西出身の人がほとんどです。朝山CEOも含め、若いころから自分で会社を立上げるようなタイプの人が多く、いわゆる大企業のような大きな組織で働いたかたは見当たりません。やはり、ベンチャースピリットが旺盛な集団とお見受けしました。職歴は、皆さん一言でいえばIT関連業界ですが、結構、様々なエリアでこれまで仕事をやってきておられます。そして今ここに、仮想通貨という熱い金脈を発見し、テックビューロに集結というかんじです。懸念点としては、経営陣に金融経験者がだれもいないということでしょうか。今後、仮想通貨はますます準通貨という位置付けを固めていくでしょうし、お金の飛び交う取引所も運営されているわけですから、金融ビジネスをやっている感覚も持つ必要があると思います。あくまで私見ですが。

関連記事:


ケネディクスが不動産投資クラウドファンディング開始へ、1万円から

昨日に引き続いて、Bloombergのニュースからです。

ケネディクスが不動産投資クラウドファンディング開始へ、1万円から

リートのクラウドファンディング仕様という位置付けになるのでしょうか。クラウドファンディングもいろいろな種類が増えてきました。記事をみると、クラウドファンディング市場規模も順調に伸びてきており、昨年2016年度で約500億円です。今年度はさらに拡大し、今後もますます新規参入が予想されます。個人投資家としては、案件や事業者の分散投資という観点から選択肢が広がっていくことはいいことですね。

さて、今回のケネディクスの不動産投資クラウドファンディングですが、今年12月1日施行の改正不動産特定共同事業法を利用したものになるのでしょうか。だとすれば、投資対象の不動産情報などが具体的に開示されることになり、投資のリスク管理から望ましいことです。例えば、maneoのようなソーシャルレンディング(貸付型)の場合は、投資対象の具体的な情報がみえないので、クラウドファンディング業者の信頼性に依拠することが多かったのですが、事業の投資対象が開示されれば投資家本人がそれを目利きすることができます。クラウドファンディングは、最悪、元本の毀損もある投資ですから、そのほうがフェアですし、われわれ個人投資家にとってのやりがいもあるというわけです。

ビットコインの採掘場はこうなっている

Bloombergの映像ニュースから、中国のビットコイン採掘場です。場所は内モンゴルの片田舎、電力が安いという理由での立地です。マイニング・プロセスは、コンピューターの処理速度と電力量(コスト)で決まるから、BITMAINのような中国系の会社が市場を主導しています。映像にも出てくるJihan Wuは、先日のビットコイン騒動の首謀者とも言われる人物で、今後もいろんなところで影響してくるんでしょう。彼は、会社のIPOとか採掘場の米国建設などの計画をぶち上げています。それから、彼の予測では、ビットコインは5年以内に100,000ドル!(=約1100万円)まで上がるとのこと!ご参考です。

クラウドファンディング業界初!のマザーズ上場

オーナーズブックから今週メールがきてました。

オーナーズブックを運営しておりますロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、本日、株式会社東京証券取引所より、当社株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されましたので会員の皆様にお知らせいたします。

 

東京証券取引所への上場日は2017928日(木)を予定しており、同日以降は同取引所において当社株式の売買が可能となります。

東京証券取引所への上場承認に関する詳細につきましては、東京証券取引所のウェブサイト「新規上場会社情報」をご覧ください。

 

東京証券取引所 「新規上場会社情報」

URLhttp://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/

オーナーズブックのマザーズ上場は、クラウドファンディング業界の知名度と信頼アップに貢献します。クラウドファンディング、特に融資型の場合、個別案件をチェックしても、結局、かなりの部分では、取扱業者の信頼性に依拠して投資することになるじゃないですか。なので、取扱業者が上場企業という一定のスクリーニングがかかっていることは投資管理上も好ましいことです。もちろん、だからといって案件のデフォルトが起こらないということではないですが、万が一、そういうことが起こった場合でも、その後の対応などに安心感は出てきます。どうでしょう、業界最大手のmaneoもこれに続きIPOを目指していくんでしょうか。
  • ライブドアブログ