魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

COMSA ICOを勉強中、今日現在のまとめ、じゃどうするの?

COMSA
COMSA公式サイトより転載

COMSAのICOについて調べています。紹介料が入ることから、ブロガーたちは殺到してリフェラルリンクを貼りまくっているよう(笑)。なので、ググるといろんな情報がどっと出てきます。なるほど皆さん紹介ボーナス狙いの投資推奨か、はたまた、その後の値上がり期待のポジショントークかと斜に構えて読みましたが、そのうち、これはまったく新しい仕組みなのだと思う部分もあり、今はだいぶニュートラルです。一応、自分なりに理解したことをまとめてみますね。

COMSAとはICOの支援プラットホーム

例えば、ある企業が事業拡大のため資金を調達したいとします。それを今はやりのICOでやりたいといっても、自社単独ではハードルが高すぎです。そんなとき、COMSAは、うちのプラットホームで資金調達しませんかとICOのサポートをしてくれます。例えていうと、株式市場でIPOするときの、投資銀行の役割とその市場を用意してくれるというイメージでしょうか。COMSAでは、ホワイトペーパー(目論見書)を作成する必要がありますから、その企業の経営陣や技術・サービスなどを精査し、そこで一定のスクリーニングがかかることになります。現在、ICO第1号案件のテックビューロに続き、東証2部上場の「株式会社プレミアムウォーターホールディングス」と「株式会社CAMPFIRE」がCOMSAでのICOを準備中です。2号案件のプレミアムウォーターは東証2部の上場会社、3号案件のCAMPFIREは、クラウドファンディングのパイオニア的存在とどちらも信頼性のある会社とみましたがいかがでしょうか。

COMSAトークンはいったん価値が半減する!

次にCOMSAが発行するトークンですが、事前に決めた発行数のリミットはありません。ICOが始まって実際に投資された金額までは全部発行するそうで、時間がきてそこでストップ(そこがリミットになる)。おもしろいのが、トークンセールが終了したら、その参加者に配布されるトークンと同数が、あらたに追加発行されるそうです。その追加発行分は、テックビューローの経営者・社員・COMSA ICO協議会に40%、COMSAの紹介者に10%、残りの50%はテックビューロー企業に配布されます。だから、われわれ投資家のトークン価値は理論的にその時点で半分になるはず(結構、びっくりだよね)。

その後、COMSAトークンの価格はどうなる?

さあ、そんな状況で、その先トークンのプライスはあがっていくのか。おそらく、トークンセール直後はだれも売らないだろうから(価値が半分になっていて売っても儲からない)、プライスはあまりあがらないのでは。でも、これらのICOが成功し、ほかの会社もやらせてくれと続いてくると、ちょっとしたフィーバーになって、トークン価格は上がっていくと予想。

COMSA IPO評議会のメンバーには有名企業も入っている

例えば、三菱UFJ信託銀行など(やっぱり、スリーダイヤの権威に弱い)。安易な発想ですが、いい加減なプロジェクトとか詐欺というレベルではなさそうです。あと、お節介ながら、評議会メンバーにはCAMPFIREのCEOも入っていますが、これから自社がIPOするのに利益相反の問題はないんでしょうか。

投資のリスクは?

懸念点としては、そもそもの投資メリットがあまり明確でないというところでしょうか。単に値上がり益の期待だけがそのリターンなのか。トークンを持っていればCOMSAでIPOした企業のサービスを割安で受け取れたりするのかもしれませんが、今は具体性がありません(一応、サイトの説明では、2号案件以降のICOに参加した場合、5%以上のプレミアムボーナスがつくと説明されています)。最大のリスクは、将来COMSAでICOする会社がなくなってきてしまうことです。そのときは、トークン価値は当然さがっていきます。トークンを購入した人がこれを拡散し喧伝して投資熱をどんどん煽っていく。投資家が増え買いたい人がますます増える、プライスは上がる。この循環がうまくいってるうちはいいが、逆回転をしはじめたら怖いです。

じゃ、どうする、ICOに参加するの?

簡単にまとめるつもりがながくなってきました。少し強引に要約します。まず、これは実験段階のプロジェクト、で、プロジェクト自体はまっとう(失礼!)、でも短期的な値上がりはあまり期待しないほうがいい、しかし仮想通貨のインフラとしては興味深く、その発展を自分のお金で貢献してみたいというぐらいの人なら是非買い、こんなところです。で、ボクはどうするかというと、先行者利益という甘い言葉を信じて(笑)、少しは投資してみようと思い始めている次第(20万ぐらいか)。なので、プレトークンセールに向け、さっそく登録もしておきました(COMSAの公式登録画面)。

以上、あくまでボクの見解です。もちろん投資は自己責任でお願いしますね。仮想通貨ビジネスは、これからいろんなことが起こりそうです。この世界は、好奇心旺盛でリスク大好きな方のみエントリーしてください。

まだ仮想通貨のICOがよくわからない 

最近では、テックビューロのICO話で世間は盛り上がっているようですが、ボクにはまだこのICOがよくわかっていません。まずわからないのは、投資家にはどんな利益があるのかというところです。表向きには、事業者が提供する商品やサービスを割安に買えたりということなんでしょうが、投資家の本音は、ICO通貨の値上がり益ですよね。それならそれでいいのですが、その表向きのところも、よくわからないことがほとんどです。今回も投資家はテックビューロからなんのサービスを受けることができるんでしょうか。次にわからないのは、事業者側の会計です。ICO仮想通貨を発行するのは事業者だから、やっぱり株式や債券のようにバランスシート計上するんでしょうか。現在、専門家と意見交換しているそうです。しかし、テックビューロのICOが成功したら、日本でもどんどんICOが出てくるのは間違いないでしょう。ということは、それを狙った投資家が群がり、短期的にはフィーバーする。であれば、投資的には試す価値ありということですかね。ボクの投資スタンスではありませんが。もう少し様子をみてみます。

ロボアド 地味な改善、でも重要

WealthNaviからのメール、「2017年7月26日より、WealthNaviの自動積立サービスでは、銀行引き落としからWealthNavi口座への入金までの期間を5営業日に短縮します」。これまでは、期間が8営業日だったそう。そもそも、なんで8営業日もこれまで時間がかかっていたのかよくわかりませんが、こういう地味な努力や改善は大切です。長期投資だから、数日短縮されても運用成績にはほとん影響ないわけですが、やはりみんなの大切なお金を預かるのに運用せずキャッシュでおいておくのは、機会損失になります。

仮想通貨の積立てをやってくれるZaifでは、毎月27日の引き落としで、買い付けは翌10日からと、これまた、とんでもなく時間がかかっています。もちろん理由があるんでしょうが、フィンテックビジネスならそういう基本的な手続きの効率も望みたいものですね。

日本初登場!の元本防衛型投信のその後

7月に発売されたアムンディのプロテクト&スウィッチファンド。その後どんなかんじか調べてみました(データはすべて8月3日付、実際の運用開始は7月28日から)。

基準価額: 10002円
資産残高: 648億円
現在のプロテクトライン:9000円
次のスウィッチ:10600円

IPOで約650億円集まったようですから、ファンドビジネスとしてはまずは成功ですね。個人的には、もう少しいくのかと思っていましたが、新規のファンドも売れない時代になりました。今回あらためてファンドのコストをみてみましたが、信託報酬は1.13%(内訳は、委託会社0.45%、販社0.65%、受託0.03%、すべて税抜き)です。これに、このファンド特有の元本保証料が0.22%かかります。保証料は、アムンディ本体に払うようですから、運用会社には総額0.67%取られることになります。安くはないけど、自動ロスカットをしてくれるファンドだから、これぐらいならまずまずでしょうか。現在は9000円が下限ですが、今後、基準価額が10600円にヒットすれば、ファンドは10000円を下回らないよう、そこで強制的に繰上償還するようになります。だから、10600円になるのを待って投資すれば、最悪5.7%の負けでロスストップになります(例えば、106万投資したら100万以下になることはない、ファンド関連コストは無視)。初めて投資する人にとっては、下限の保証がついているのはとっても安心。このファンドはやはりマーケティングの勝利ですね。

関連記事:


不動産投資 マイナー戦略(10)レンタルスペース

コインパーキングが土地の時間貸しとすれば、建物や部屋の時間貸しがあってもいいじゃないかということになる。実際、スペースマーケットという会社では、そういう貸し手と借り手を仲介するビジネスをやっています。パーティーやセミナーのようなイベント、会議室、ロケ撮影と結構多種多様なニーズがあるようです。昨日の日経に、スペースマーケットが仲介した話が出ていました。
都内に住むある男性は約50㎡の自宅を活用し、小遣い稼ぎをしている。勤務で留守の間、近所の主婦らに貸し出す。部屋はママ友が食事や飲み物を持ち寄る交流の場に様変わり。忘年会シーズンは予約で埋まり、最大で月80万円の副収入になる。
えー、そんなに儲かるの!と正直びっくりしました。小遣い稼ぎどころか、荒稼ぎ。まさに、シェアリングエコノミーの優等生。会社に行っている間に部屋が稼いでくれる。そんな時代です。

フィンテックのすごいのは、ニーズのマッチングが個人レベルで低コストで、それもスマホ一つでできること。不動産以外にも、クルマやブランド品のバックなど、こういう貸し出しを仲介するビジネスがでてきています。

関連記事:










  • ライブドアブログ